江 -姫たちの戦国- 第7回「母の再婚」

ここでは、「江 -姫たちの戦国- 第7回「母の再婚」」 に関する記事を紹介しています。



今回の大河ドラマの視聴率が徐々に低下しているといいます。その主な要因は以下にあるといわれています。
・ファンタジーともいわれているドラマの内容は、これまでの歴史の描写ではあり得ないほど、要所要所に江が天真爛漫な姿で登場しており、その姿が「のだめ」に重なってしまうこと
・歴史上の事実と異なる演出が数多くされていること
・前回の本能寺の変で豊川悦司がいなくなってしまったためイケメン俳優が不在となってしまったこと。女性ファンが多いため、常にイケメンの俳優は必須

自分はこれまでスポットの当たらなかった部分の人間模様を見ることができるのであればその内容に脚色が加わってしまうのは仕方ないと思っていたのですが、歴史を変えてしまうのは一線を越えてしまうような気がします。今回はその一線を越えてしまったような気がしてなりませんでした。

その場面は清洲会議です。信長の跡継ぎを決めるために清洲城に集まった秀吉、柴田勝家たち。そのなかで三法師を担いで織田家の跡継ぎを秀吉は宣言する場面において、そこにも江は登場します。しかも、ふすまの影に隠れて盗み聞きをした上に、秀吉に意見を申します。おそらくこんな場面は歴史上ではないのではないかと思います。歴史の表舞台を大きく変えてしまうこのような演出は少々やり過ぎなのではないでしょうか。

自分は「のだめカンタービレ」をみていないため、その時の上野樹里は知りませんが、このように広く世の中で話が出てきてしまうと、現代チックな振る舞いに大河ドラマを見ているという感覚を忘れてしまいそうになります。斬新ともいえるのですが、自分はあくまでも大河ドラマを見たいのであって、この時間に月9を見たい訳ではありません。それでも、江という人物がどのように歴史上活躍したのかという事実は知りたいので、転換を期待しつつこれからも見ていきたいと思います。

そんなドラマの中でしっかりと地に足を付けて演技をしているのが家康役の北大路欣也さんでしょう。秀吉役の岸谷五朗さんは飛び跳ねて落ち着きがなく、柴田勝家役の大地康雄さんも鈴木保奈美と再婚するというときに、汗を書きながら落ち着きがない様子を全面に出しているのに対して、北大路欣也さんのじっくりと構えるその姿は見ていて安心感すら覚えます。

物語は、ドタバタすればその分だけ観る側に深い思慮と感動から遠ざけていきます。織田家がどんどん厳しい状況になっていく今、お市と三姉妹はこれから大きく人生が激動のものになっていくまさに今が分岐点にあります。その部分が最も引き立てられ、余計な雑音がないようにこれからの展開が進んでいけばいいなと思います。

◆江紀行◆
愛知県清須市
 - 清洲城
 - 織田信長公像
 - 五条川
 - 清洲古城跡公園
 - 信長公を祀る社
 - 石垣跡


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 上野樹里, 鈴木保奈美, 宮沢りえ, 水川あさみ, 岸谷五朗, 豊川悦司, 北大路欣也, 大地康雄, 袴田吉彦,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2354-417d9465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック