JPG・PNG・GIFの使い分け方

ここでは、「JPG・PNG・GIFの使い分け方」 に関する記事を紹介しています。



アナログの時代において写真はカメラ屋さんで現像に出して入手するものでしたが、デジタル化が進んだ今そのほとんどがパソコン上でのファイルとして保管している時代となりました。だからこそ、現像した写真への温かみを感じてしまうのですが、これからどんどんこの流れは進んでいき、ほとんどすべての写真はファイルに取って代わるものと思われます。

そんなデジタル画像にはいくつかの種類があります。大きく、JPG、 PNG、 GIFという3つの形式があり、その他にもBMPなどがあります。デジカメで撮った写真のファイル名の最後にJPGなどと書かれているのを見たことがある人も多いでしょうが、それがファイルの形式になります。画像ファイルを作成する際にこれらの形式についてちょっとした知識があれば、より綺麗な画像を保存しておくことができます。

そこで、今回はデジタル画像の形式についてそれぞれの使い分け方について見ていきたいと思います。

◆JPG(Joint Photographic Experts Group)
JPGはジョイント・フォトグラフィック・エキスパート・グループがプロのカメラマンの標準となるように開発したファイルの形式です。画像ファイルをまずはピクセルと呼ばれる小さな四角に分解し、ピクセル内の微妙な色を単純化することによってデータ量を圧縮していきます。

JPG形式は、一度圧縮してしまうと元の画像に復元することができないという短所があります。元の画像をJPGにして、大きくして表示してみると凸凹しているのが分かると思います。これを元の滑らかな画像に戻すことができないのです。ぼやけたり、かすれたりすることがあるので、活字や線、またシャープな輪郭を含む写真にも向きません。

長所としては大きな画像をものすごく小さいデータ量にすることができるので、保存という観点で非常に優れています。なので、デジカメなどでは比較的標準のファイル形式として利用されています。

JPEGが表現できる色としては、24ビットRGB、CMYK、8ビットグレースケールの全てに対応しているので、用途によってカラフルなものから白黒まで対応しています。

◆GIF(Graphics Interchange Format)
GIFはJPEGと同じように古くからあるファイル形式です。GIFは写真以外の画像をサポートするのに使われていました。それはGIFという画像が表現できる色に関わりがあります。

GIFが表現できる色としては、8ビットカラーのファイルです。画像内で特定の256色しか使うことができないことから写真のようにカラフルな色を表現することができないのです。なので、JPEGなど他のファイル形式からGIFに変換すると色情報が失われて変な色になってしまいます。

そんなGIFの特徴としては、透明色が使えることに加えて動画を作成することができます。アニメーションGIFと呼ばれるもので、複数の画像を1つのファイルにまとめて、それを表示するとパラパラ漫画のようになるのです。

GIFは、デジタルデータの中で同じ配列の部分をまとめることによって圧縮しているので、もとのデータに戻すことができます。そのため、線をくっきり保つことができます。そこでフォントや幾何学的な形状を描くのに用いられます。

◆PNG(Portable Network Graphics)
PNGはGIFが使用している技術が特許の問題で論争を起こした時に、GIFに代わるオープンな技術として開発されました。

PNGが表現できる色としては、GIFのように8ビットカラー画像をサポートしていますが、JPGのように24ビットカラーRGB画像もサポートしています。またデータを圧縮前に戻すことができるので、画像の質を落とすこともありません。

PNGはGIFよりも透明色を用いた画像を作るのに適しています。しかしこれまでの3つのファイル形式の中ではファイルサイズが一番大きくなりがちで、古いブラウザではサポートされていない場合もあるので注意が必要です。


このように、ファイル形式には様々な特徴があり利用用途によって使い分けていくことによってデジタル画像を表現力豊かなものとして保存することができます。

その中でJPGは最高画質でもPNGファイルよりもファイルサイズが小さくでき、サムネイルのような小さい画像の場合は、JPGの非鮮明さは虫眼鏡で見るなどしないと気にならない程度なので、通常写真などの画像はJPGで保存し利用するのがベストといえるでしょう。

【参考】GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2010/10/jpgpnggif.html

世界デザイン地紋CD‐ROM―EPSアウトライン・スウォッチ・GIF・JPEGデータ収録世界デザイン地紋CD‐ROM―EPSアウトライン・スウォッチ・GIF・JPEGデータ収録
(2007/05)
大室 はじめ

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : JPEG, GIF, PNG, BMP, bitmap, JPG, 画像, ファイル形式, カメラ, 写真,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2245-3a42f306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック