灼熱のアンパンマンプール

ここでは、「灼熱のアンパンマンプール」 に関する記事を紹介しています。



アンパンマンプール

奥さんと子供からの激しい圧力に負ける形で、よみうりランドにある屋外プールであるプールWAIに出かけることになりました。子供に至っては数日前から「アンパンマンプール行きたい」と連呼し、当日は顔を見る度にアンパンマンプールとルンルンな状況を無視できるほど強靱な精神力はもっていないので、いつもよりも早起きしてよみうりランドへ出かけます。

まだ朝なのによみうりランドに向かうバスは長蛇の列で、みんなプールにいく格好をしています。到着するとあまりの人の多さにもっとびっくりすることになります。もう足の踏み場もないほどビニールシートが敷き詰められていて、照り返しでくらくらするほど。

そして後に致命的なミスであることが判明するのですが、自分と子供はスニーカーでよみうりランドに来ていて替えの靴はありません。そのため、プールの場内では子供と自分は裸足で移動することになります。始めは大して熱くもなく「健康にいいかな」くらいにしか思っていなかったのですが、まず子供が歩かなくなって抱っこを要求しだしたところから事態は急変。仕方なしに抱っこして歩き出した自分も、地面の熱さにやけどをしそうになるほど地面はフライパン状態です。

よく見ると、裸足で歩いている人など自分たち以外にいないではありませんか。入り口で350円で売っていたビーチサンダルの購入をケチるんじゃなかったと後悔しますが、すでに後の祭り。この後は、目的地までのルートを考えながらダッシュしている怪しい親子になります。

よみうりランドのプールWAIは、5つのプールと2つのスライダーから成り立っています。子供の一番の目的はなんといってもアンパンマンプールです。アンパンマンプールは、「アンパンマンごうの噴水」「バイキンじょうの滝」「かぶるんるんの谷のスベリ台」「ジャムおじさんのパンこうじょう」といったアトラクションがあり、それらの周囲には膝立くらいのプールがあります。

子供ははしゃいで入ったにもかかわらず、あまりの水量に怖かったのか中心にある「アンパンマンごうの噴水」の中に入ることができずに、もっぱら「ジャムおじさんのパンこうじょう」に入り浸ります。中の頭上にはバケツがあり踏み台を踏みつけることによって水が少しずつ溜まり、落ちてくる仕掛けがあるのですが、始めに突然水の落下に遭遇した彼は、以降頭上を気にして避けるようにしてビクビクしていました。

もう一つのお気に入りが定番の流れるプールです。水流がかなり速く、周囲のゴムボートなどにぶつかりながらも自分の体が流れている感覚が気に入ったようで、何周もぐるぐる回ることになります。それでもキャッキャと喜びながら楽しんでいたので、それはそれでよかったのかなと。

プールから出て、遊園地の方にも行ってみたのですが、子供も3歳になったので乗れる遊具もかなり増えたにも関わらず、コースターのような体感系の乗り物はまだ怖いらしく、比較的まったりとした乗り物に乗って帰ってきました。

帰り道はすごく疲れたのか爆睡状態。夜には「パパ、アンパンマンプール連れてってくれてありがと」と話してくれる子供を見ていると、その笑顔をもっと見たくてまたどこかに連れて行ってあげたくなります。今年の夏はまだ続くけど機会があればまたどこかのプールに行ってみたいと思います。

アンパンマン《全員集合!!》マキマキタオル/プール・海での着替えなどに…♪☆子供用レジャー用品通販☆アンパンマン《全員集合!!》マキマキタオル/プール・海での着替えなどに…♪☆子供用レジャー用品通販☆
()
ナストーコーポレーション

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : よみうりランド, プールWAI, アンパンマンプール, プール, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2198-2bac27d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック