龍馬伝 第35回「薩長同盟ぜよ」

ここでは、「龍馬伝 第35回「薩長同盟ぜよ」」 に関する記事を紹介しています。



今回は歴史的に大きな転換点となる話題である薩長同盟です。これまで桂小五郎、西郷吉之助、坂本龍馬を中心として多くの人が尽力してきた努力がひとまずここで結集したのです。

それにしても、この時代にあって目を付けられた人の行動はここまで制約されるのかと思い知らされます。ただある場所に行くだけなのになかなか行くことができずに、夜まで待ってそれでも伏見奉行見回り組や新撰組に追われる形となります。そんな状況下で2つの大きな話題を見ることができます。それはお龍に関することと、新撰組に関することでした。

新撰組は、これまで京都の中で泣く子も黙ると言われて、権威をふるっていたかのように見えたのですが、今回は伏見奉行見回り組という存在にひざまずき、頭を下げる上下関係が露呈することになります。近藤勇も今まで心なしか威張っていたような感じですが、伏見奉行見回り組の前に率先して頭を下げ、上下関係を強く意識しているようでした。この新撰組と伏見奉行見回り組の関係が今後どのように影を落としていくのか気になるところです。

そしてもう一つ気になったのが、お龍です。今回とうとう龍馬への気持ちを暴露することになります。今まで雰囲気で龍馬を慕っていることを示していたのですが、追われる龍馬のために何とか役に立ちたいという気持ちをそのままストレートに龍馬に告白します。やっと告ったかと安堵するまもなく、龍馬は去っていきました。この寺田屋に龍馬が帰ってきたとき、二人は結ばれるのでしょう。伏見奉行見回り組が見張っている寺田屋に無事に戻ってくることができるのかが今後の鍵となりそうです。

そんな流れで、薩長同盟がやってきます。龍馬という一人の脱藩浪士が薩摩や長州から大きな信頼を寄せられて、彼がいないと事が進まないということをお互いに強く感じつつ、龍馬が到着するや同盟に関する密約会議が始まります。一方的に薩摩から協力を得るという内容に不満を感じた桂は、このままでは長州に帰れないといいます。このモヤモヤ感を突き破ったのも龍馬でした。難しい桂の思いを感じ取り、日本のために薩長が共に全力で頑張るといった内容で合意し耐嶌だと表現します。うまい交渉ですね。ビジネスパーソンとしての腕も完璧だったことが分かります。彼が今閉塞感漂う日本で英雄とされる理由の片鱗を見たような気がします。

最後にお約束の弥太郎の場面。今回は登場時間が多かったのですが、残念ながらそのほとんどが拷問シーンで顔もボロボロでした。香川さんの演技という面もありなぜか笑ってしまうのはなんでなんでしょうか。その前のシーンで弥次郎のシーンがあったからかもしれませんが、拷問で喋らないと拷問を受け、逆にぺらぺら話しても拷問を受けるという袋小路。かわいそうなんですが、演出の大友啓史さんも笑ってしまうとWebで語っているので自分の感覚は間違ってなかったと少し自信を持てました。

次回からは、もはやお尋ね者になってしまった龍馬が危機に直面します、きっともっともっとこういう場面は増えていくことになると思いますが、まずはその第一歩。お龍のもとに龍馬がきっと帰ってくるのでしょう。その行方が楽しみです。

◆龍馬伝紀行◆
薩長同盟ゆかりの地
京都府京都市
 - 薩摩藩邸跡の碑
 - 京都守護職屋敷跡
 - 小松帯刀邸跡

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
(2010/01/27)
TVサントラ

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2
(2010/05/26)
佐藤直紀

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3
(2010/09/08)
佐藤直紀

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 香川照之, 坂本龍馬, 福山雅治, 龍馬伝, 高橋克実, 谷原章介, 筧利夫, 真木よう子, 滝藤賢一, 酒井若菜,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2190-90a02df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック