風林火山 第28回 「両雄死す」

ここでは、「風林火山 第28回 「両雄死す」」 に関する記事を紹介しています。



様々な思いを胸に、上田原の戦が始まった。

甘利は、敵陣の村上に寝返るふりをして、敵の首を狙う作戦に出たが裏目に出てしまう。板垣もまた本陣を守るため先陣をきって死んでしまう。

親方様を守るという強い気持ちが、逆に晴信にとっては裏目に出る形となってしまったのだ。まるで太平洋戦争のときの日本軍のような戦いになってしまった感じだ。

完全に晴信の制御ミスといえる敗戦だった。

重臣2人の死によって、晴信は何を得るのだろう。勘助が言っていたように1つの敗戦が100の勝利を生むものとならないとこの二人がいたたまれないだろう。

千葉真一さんは今日が最後だったが、この前のNHKの昼の番組でしばらく休養宣言をしていたので、俳優としてはしばらく見納めとなってしまった。前から自分のやりたいことがあって、それをやりたいとのことなので、違う方面でまた会えるかもしれないが、ひとまずお疲れさまでしたといいたい。
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 風林火山, 竜雷太, 千葉真一, 村上義清, 永島敏行,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/219-a03f11ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック