お金の原価

ここでは、「お金の原価」 に関する記事を紹介しています。



お金原価って知ってますか?

1円玉から万券まで、お金を作るのには当然お金が必要です。
硬貨や紙幣も材料費、造幣局で働く従業員の人件費や、お金を作る時に動かすマシンの維持費…等々ひっくるめてお金がかかるんですよね。

気になる値段を調べてみました。

紙幣
・10000円:22.2円
・2000円: 16.2円
・1000円: 14.5円

<硬貨>
・500円: 30円
・100円: 25円
・50円: 20円
・10円: 10円
・5円: 7円
・1円: 3円

これを見ると・・・
1円と5円は完全に原価割れです。1円や5円だけを作っている会社があれば倒産確実ですね。でも、10000円は22円作れるんですから、それで1円玉製造時の赤字もフォローしているのかもしれません。

金属の価格が高騰している今、これを作っている原価も上がっていて、それを負担しているのは税金なんですよね。さすがに、「原材料費が上がったので、1円は今日から2円になります!」なんて言えないので。

なお数年前から、1万円札は左下にホログラムがついており、これで原価が多少上がっているものと思われます。
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 貨幣, 紙幣, 原価, お金,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/218-ca003df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック