プリキュア人気の影に隠された戦略

ここでは、「プリキュア人気の影に隠された戦略」 に関する記事を紹介しています。



日曜朝といえば戦隊ものやアニメ番組が目白押しですが、その中で実に2004年から7年以上人気を誇っているアニメがあるのをご存じでしょうか。それが、女の子向けアニメ「プリキュア・シリーズ」なのです。このアニメは美少女戦士ものであり、その先駆けとして有名なのが「美少女戦士セーラームーン」です。社会現象にもなったほどなので、見たことがないという人でも名前だけなら聞いたことがあるでしょう。

実はこのプリキュア・シリーズは、セーラームーンシリーズよりもずっと長く続いているのです。このプリキュア・シリーズの人気には、実に多くのヒットに向けた関係者の戦略と思いが散りばめられているからだといえます。そこで今回は、プリキュア・シリーズからその人気の影に隠された戦略を見ていきたいと思います。

プリキュア・シリーズには次のような思いがありました。そこには、先駆者であるセーラームーンを理想のモデルとする反面、同じ道を進まないようにしようという努力があったのです。


1. 女の子だって暴れたい
 これまで女の子向けアニメといえば、学校とか友情とか少女らしい柔和なシーンばかりが強調されたものがほとんどでした。それを東映アニメーションのプロデューサーである鷲尾さんは、公園でも幼稚園でも男女が一緒になって遊び、幼児世代は男女の違いなく飛んだり跳ねたりして遊びたいだろうという考え方から、女の子だって暴れたいのではないかと考え、キャラクターをつくり出したといいます。


2. 女の子目線を徹底的に追求
 プリキュア・シリーズには、西尾大介監督による独特のこだわりがあるそうです。それは顔面への攻撃はしない、水着や下着は見せないなどいくつか存在し、それらはすべて見る側である女の子を意識したものになっています。女の子がごっこ遊びをしたときに、顔面や腹部を殴ったり殴られたりというシーンによって真似をしてしまうことにつながるので、こういうシーンをすべてカット。それを補う迫力は、絶対に真似ができない「吹っ飛ぶ」「壁が破壊される」といった周囲でカバーます。

 また「大人が好きそうなことはやめよう」と決めたそうです。女の子がとにかく楽しく見られるのであれば、あえて水着を出さなくても、下着を見せなくても構わないのです。事実、プリキュア・シリーズではレギンスを着用させているといいます。こうして美少女オタクから一線を画す独自の路線を確立すると共に、女の子たちへの安心と羨望を勝ち取っていったのです。


3. 感情のリアリティを
 メインターゲットである3歳から6歳の子供の多くは親と共にテレビを見るでしょう。ということは目の肥えた親から見たときに、内容にリアリティがないのであれば、子供と共に自分も見ようとは思わないのです。子供を味方に付けるにはまずは親から。ということで、登場人物の感情の流れの必然性、リアルさを常に念頭において作品は作られています。


4. 本物志向のお母さん視点
キャラクターの売り上げも重要な要素になります。そんなキャラクターを購入しようとする決定権は母親にあります。この内容が面白いのか、子供に見せて問題ないとするのは母親です。

特に、最近ではお母さん基準というのが大きな影響力を持っているといいます。お母さんのパッと見の印象、「可愛いか、可愛くないか」でその商品は買われるかどうかが決まるのです。もしもお母さんが「これ、可愛くないじゃん」と言ったら、子供はそれに素直に影響を受け、「お母さんが可愛くないって言ってるから、可愛くないんだ」と思ってしまいます。なので、お母さんの視点は非常に重要なのです。

母親からいい評価をもらうためには、「生活実感のあるもの」が重要な要素となります。よく売れているのは携帯電話やパソコンをまねたおもちゃだといいます。身近な必需品ですが、子供に壊されては困るのでその代用品として与えるのです。代用品とはいっても、しっかりとしたものを子供に与えたいという親心から、多少の付加価値をそこに見いだしてあげる必要があります。多少高くてもそこにお金を出すだけの付加価値があれば、母親は買っていくのです。


このように、プリキュア・シリーズには子供目線でのキャラクターの行動とそれを支える子供たちの母親の存在が大きく影響を及ぼしていたのです。お金を出すのは最終的には母親であることが多く、母親相手にキャラクター商品は売られているといっても過言ではないでしょう。子供も楽しみつつ、親も満足して子供に与えることができるアニメ、商品がプリキュアには広がっていて、それが活発に成長をし続けているからこそ、長く続いているのでしょう。

とりあえず、自分も子供から羨望のまなざしを得るために、ショッカーを倒せる程の強さを身につける必要がありそうです。

【参考】Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100816-00000001-president-bus_all

映画プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!【初回限定版】 [DVD]映画プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!【初回限定版】 [DVD]
(2009/07/15)
沖佳苗喜多村英梨

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : プリキュア, バンダイ, セーラームーン, マーケティング, 母親, アニメ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2177-395c373f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック