龍馬伝 第31回「西郷はまだか」

ここでは、「龍馬伝 第31回「西郷はまだか」」 に関する記事を紹介しています。



いよいよ本格的に倒幕に向けた動きが活発化し、その中で龍馬の存在感が大きくなっていくのを肌で感じます。今まで神戸操練所のメンバーと同じような動きをしてきた龍馬ですが、今回から明確にそれらのメンバーとは違った動きをしていくことになります。

もともと、目的が操練所のメンバーとは違ったところにあったということなのでしょう。小曽根乾堂の斡旋によって長崎の亀山というところに新たな活動拠点を得たメンバーは、その名称を「亀山社中」とします。このネーミングも原点が龍馬なのかどうかはさておき、船乗り侍などという名前よりはいけているし、何か凄いことをやりそうな集団のような気もします。

そんなできたてほやほやの亀山社中をメンバーに託して、龍馬は陸奥陽之助と共に太宰府にある三条実美の幽閉場所に向かいます。ここで新たに志を同じくするメンバーである元土佐勤王党の中岡慎太郎と再会することになります。

中岡は武市の志を継いでいるといい、その久しぶりの名前を聞いた龍馬もしばらくの沈黙。この沈黙の意味は、武市の志を思い出し改めてかみしめていた時間なのか、それとも武市というあまりにも久しぶりの名前だったので、思わず忘れていただけなのか、それは分かりませんが、少なくとも龍馬にとっては生涯でも重要な仲間をここで得ることになります。

三条実美の家で活躍したのは、陸奥陽之助でした。いかに坂本龍馬という男が信用できるか、これからやろうとしていることがいかに重要かを三条実美に語り、ついには実行指示がでて桂小五郎への推薦状まで書いてくれる大手柄でした。

これを持っていざ長州へ行くのですが、やはり桂小五郎はなかなか動いてくれません。友人である龍馬の心からの訴えに応じた桂はようやく、薩摩と手を組むことを了承し、下関で西郷吉之助と会談する準備を進めます。

その頃、中岡は薩摩で西郷の返事と下関まで連れてくる係でしたが、結論からすると、下関に向かう船内で幕府の隠密に遭遇し、あえなく下関ではなく京へ向かうことになります。その事実がわからない中岡は、西郷がなぜそのようなことをしたのか分からずに、ただ無念の心をもって桂たちの元へ帰ってきます。事情をしっかりと確認していて、それを桂たちに伝えていればもっとはやくこの2藩は手を組んでいたにも関わらず、時代はそう簡単に2藩の手を組むことによしとしなかったのでしょう。

そして、毎回の恒例である弥太郎のシーンはたったの3分程度。材木の商売と喜勢の妊娠で浮かれていた弥太郎のもとを訪れたのは後藤象二郎。なんかイヤな雰囲気を持っていた弥太郎ですが、断れるはずもありません。

後藤からの依頼は、樟脳の海外貿易を藩としてやりたいので、その原料となるクスノキが土佐に何本あるのか調査せよという無茶苦茶な依頼でした。ぼこぼこにあいながら断れるはずもなく、また厳しい仕事をすることになります。おそらくこれも弥太郎を成長させるための試練ですし、ステップアップする経験になるとは思いますが、この時にはそんなプラス思考はなかったでしょう。今回の場面はあまりにも短すぎて弥次郎さんの登場がなかったのが残念です。

すっかり冷えこんでしまった薩長の間がどうなるのか、京で何が起こるのか、次回予告というものはいつもいいところで終わります。次回が気になって仕方ありません。

◆龍馬伝紀行◆
長崎県長崎市
 - 亀山社中の跡(亀山社中記念館)
 - 若宮稲荷神社
 - 坂本龍馬像(風頭公園)

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]
(2010/09/22)
福山雅治香川照之

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 香川照之, 坂本龍馬, 福山雅治, 龍馬伝, 大泉洋, 伊勢谷友介, 蒼井優, 高橋克実, 上川隆也, 谷原章介,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2163-660c6ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック