メガネのかけ外しは視力を低下させるか

ここでは、「メガネのかけ外しは視力を低下させるか」 に関する記事を紹介しています。



暖かな日差しが降り注ぐ休日。

前々から視力の低下が気になっていたことと、子供によるメガネの破壊によってゆがんでしまったことからメガネを新しいものにしようと前々から思っていました。丁度奥さんもメガネを新調しようと考えていたようで、一緒に買いに行くことにします。自分はメガネを買うときにはそのままメガネ屋さんに行けばいいものと思っていましたが、奥さんから「メガネを新しくするには眼科の処方箋があった方が最適なメガネを作ることができるよ」とアドバイスをもらったため、二人で近くの眼科に行くことにします。

普段あまり眼科に行く機会がないので、眼科ではこんなこともしてくれるんだなぁと妙に新鮮な気分で待つこと10分程度。Cマークのランドルト環を使った視力検査や先生による眼底検査などを受けた後いよいよ処方箋づくりが始まります。ちなみに視力検査のランドルト環の並び順は特に決まっていないそうです。無理して推測するのですが、やはり当てずっぽうで当たるほど甘くないです。

処方箋づくりは、丁度視力が1.0から1.2くらいになるようにレンズを選んでいく作業となりました。度数を上げることによってよく見えるようになるのですが、逆にこめかみが緊張するような感じがしてしまい帰って疲れてしまうことから、その手前の度数で抑えることにします。遠くを見るためのものは度数を上げた今回のメガネ。そして近くのパソコンを見るためには今までの度数の低いメガネを併用するようアドバイスをもらいました。確かに、近くを見るときに遠くを見る用のメガネだとぼやけてしまうのですが、今までのメガネだとくっきりと近くが見えるのでそん差は歴然です。

そして最後の質問で今まで気になっていたことを質問してみることに。それは、メガネをかけ外しを頻繁にすることによって視力は低下するのかということ。これは定説としてよく言われていたので、なるべくかけないようにしたり、やむを得ずメガネをかける必要が出た場合にはずっとかけるようにしていました。先生によると、まったく視力が落ちるということはないので、ものをきっちりと見たいときに必要に応じてかけ外してしてくださいとのこと。こうやって的確にアドバイスをもらえると、すごく助かります。

もらった処方箋の有効期間は1ヶ月なので、早めにメガネを作りに行こうと思います。今回は、今までにない経験をした上に、メガネに対する自分の認識を改めることができるいい機会となりました。

5分で視力は回復する! ―全国で眼科医が実践5分で視力は回復する! ―全国で眼科医が実践
(2010/04/02)
石川 まり子

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : メガネ, 処方箋, 眼科, 遠視, 近視,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2033-f833ed81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック