龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」

ここでは、「龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」」 に関する記事を紹介しています。



とうとう第一部の最終回を迎えます。今回は2つの暗殺計画の事の顛末が明らかになります。まず一つ目の弥太郎による龍馬暗殺計画についてですが、これは始めから受け狙いだったようにしか考えていなかったので、結末は「なるほどね」と思う結果となりました。やっぱり龍馬は弥太郎に愛されているんですね。今まで何となく毛嫌いしているような雰囲気もあったのですが、今回明確に弥太郎は龍馬のことを愛していることがわかります。不器用な二人なのでそれをうまく表現することができないようですが、今回はあからさまだったような気がします。

そして、2つめの武市による吉田東洋の暗殺計画についてですが、前回東洋に足蹴りにされてしまっては、武市としても殺意を覚えるでしょうね。東洋も本当に土佐のことを思っていて、家臣からの信望を集めるのであればこのようなことをしてはいけません。こういう風に相手を扱うことによって結局はそれが自分に返ってくることになるのです。東洋にとっては、武市の才能がないことが登用しない要因であることを龍馬に語るのですが、本人にはそれを伝えることもなくその日がやってきます。

武市は土佐勤王党の一部のメンバーに命じて東洋の暗殺を実行します。雨が降りしきる中、東洋演じる田中泯の殺陣は本当に迫真に迫っていて思わず息を呑んで見守ってしまいました。最期はあっけないのですが、東洋本人もまだまだやりたいことがたくさんあったのだと思いますが、このような形で終わってしまいその無念さを痛いほど感じることができます。まさにそのときに武市は自宅で絵を描いていたのですが、その近くでニコニコしながら見守っている奥さんがこのことを知ったらどう思うだろうと思わず考えてしまいます。

毎回お約束になった弥太郎シーンですが、今回はなんと言っても後藤象二郎の命令を破ってしまい家でビクビクしている中で喜勢と共に家を出ようとしたときに激しく抵抗され「土佐を出るつもりはない」と言われた場面でしょう。ほんの数秒前まで「どこまでもついていく」と言いながら絵に描いたような手の平返し。彼女の真の目的は未だに分かりません。

第一部最後のシーンは龍馬の土佐藩の脱藩です。坂本家中が混乱する中、たまたま帰ってきていた乙女姉さんが龍馬のことを思い味方になるべきだとみんなを説得し、涙ながらに龍馬を送り出します。寺島しのぶさんの龍馬を想う演技はさすがですね。しばらく見ることができなくなるかもしれないのが残念です。

次回からはとうとう脱藩した龍馬が、日本中を駆け回ります。これに弥太郎がどのように追従して行くのか、今の時代に龍馬の名前が轟く要因をじっくりと見ていきたいと思います。

◆龍馬伝紀行◆
高知県高知市
 - 水谷山 和霊神社
 - 梼原町 維新の門
 - 茶や谷

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 広末涼子, 坂本龍馬, 福山雅治, 龍馬伝, 大森南朋, 岩崎弥太郎, 田中泯, マイコ, 寺島しのぶ, 香川照之,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2017-45fdd8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック