1日15分は日光浴を

ここでは、「1日15分は日光浴を」 に関する記事を紹介しています。



日光に浴びることは、メンタル面でも身体面でもよいということが様々なところで言われています。人間は遥か昔から日の出と共に活動し日の入りと共に眠るという生活をしてきました。時間の感覚も日光から得るし、寝る時間も同じでしょう。それが人間の生活に一番適しているからこそ悠久の時を越え人は日光と共に生活してきたのでしょう。

そんな日光は人間の骨を強くする上でも非常に重要な役割を果たしています。今回は日光と骨との関係から、自分たちが強い骨を日光を使ってどのように作っていけばいいのかを探ってみたいと思います。

◆紫外線とビタミンD
ご存じのとおり骨はカルシウムを中心に形成されています。このカルシウムを体内に多く吸収することができれば、強い骨を作ることができます。カルシウムを腸から吸収しやすくするためにビタミンDが大切な働きをします。

そのビタミンDを体内で作るのに必要不可欠なのが日光なのです。つまり、カルシウム→ビタミンD→日光というように必要なモノを追っていくと日光に行き着いたという訳なのです。

ビタミンD自体はサバやサンマなどの魚類やシイタケなどのキノコ類ぶ含まれているのですが、必要量のすべてを食べ物からとれる訳ではなく、多くは日光を浴びることによって体内で皮下脂肪に含まれるコレステロールの一種がビタミンDとなって作られるのです。このビタミンDは肝臓や腎臓に運ばれ活性型ビタミンDとなってカルシウムの吸収を高める役割を果たします。

日光に含まれる紫外線はシミやソバカスなどの原因として避けられてしまう存在ですが、実は非常に大切なものであることがわかります。

◆日光の当たり方
夏の海のように日焼けするほど日光に浴びる必要はなく、専門家によると1日に15分程度でいいといいます。軽く散歩をしたり、室内でも窓を開けて太陽の光を浴びるようにします。体内でビタミンDを作る種類の紫外線はガラスを通り抜けない性質を持っていることから窓を開けるのがポイントです。

散歩をするだけで、足腰を鍛える効果があるだけでなく同時に浴びる日光によって科学的に骨を強くする効果があることが上記のように示されていることからいいことずくめといえるでしょう。さらに気分転換になって気持ちよく一日を過ごすことができればまさに一石三鳥ですね。

【参考】読売新聞 2010/02/27

天気の良い日はお庭やテラスで日光浴を楽しみませんか?【ロッキング機能付き フォールディングデッキチェア】 EED-SNC-YW2-6天気の良い日はお庭やテラスで日光浴を楽しみませんか?【ロッキング機能付き フォールディングデッキチェア】 EED-SNC-YW2-6
()
イーサプライ

商品詳細を見る
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 日光浴, , 骨粗しょう症, ビタミンD, 日光,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1982-364539be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック