我が子の成長を綺麗に収める秘けつ

ここでは、「我が子の成長を綺麗に収める秘けつ」 に関する記事を紹介しています。



写真のに映る我が子は一生残すことができます。その一瞬は二度と戻ってこない貴重なものなので、できる限り綺麗に、そして最高の笑顔を撮りたいものです。そんな思いから子供の誕生と共にビデオカメラやカメラを購入したという人も多いと思います。しかし、いざ購入してみてもカメラはともかくビデオカメラに至ってはどのようにしたら綺麗に撮ることができるか分からないという状況に陥りがちです。

そこで、専門家の意見をもとにどのようにしたらデジカメやビデオカメラで我が子の最高の一瞬をとらえることができるのか見ていきたいと思います。

◆デジカメ
・Step1:たくさん撮る
 まずはたくさん撮って被写体が写真に映るということに慣れさせることによってレンズを向けられたときの表情がよくなるといいます。広角、望遠、中望遠をいろいろ使って何枚も撮り技術力も上がっていきます。

・Step2:人間は手前に
 次に、テクニックを覚えます。一般の人は被写体が撮りたい場所にいるだけで満足して写真を撮ってしまいがちですが、表情をきれいに映すための最大のポイントは、人間は手前に配置すること。顔が暗くならないようにストロボをたくのもいいでしょう。また、その場の状況が分かるようなものを併せて写真に映るように構図したりするのもいいでしょう。

最近、我が子は写真を撮るときに「笑って」というと不自然な顔で強引に笑った顔を作ってくれます。そして撮影した後は必ず「見る見る」と確認したがるのです。こうやって、撮ってあげることできれいに映る練習をしているのであれば、楽しいし彼も映る技術を学べるので一石二鳥といえます。

◆ビデオカメラ
動画を映す場合にはどうしても手ぶれが気になると思います。被写体が動く場面を撮るのでどうしても画面が上下左右になりがちなのですが、これを補正してくれる機能が最近のビデオカメラにはついています。以下に卒業式というシチュエーションを例にとり、撮影方法について専門家のご意見を紹介します。

・当日の朝
式典当日は早めに家を出て、子どもが遊んだグラウンドや庭を撮影しておきます。誰もいない校庭や式典の看板は後で編集する際に様々なカットで利用することができます。

・卒業生入場
会場で入場行進を撮影できる場合、我が子は画面の真ん中に入れ続け、行進のスピードに合わせてカメラを横に振るといいといいます。その後、着席したら我が子のアップ。続いて広角にして多くの子どもたちが入る俯瞰したシーンに切り替えると印象的な絵を撮ることができるとアドバイスしています。

・教室にて
教室では、教師や他の保護者の泣き笑いも撮って、演出効果を狙います。名前を呼ばれる場合は、返事の前から撮って、表情の変化を記録できればベターでしょう。しかしなかなか教室まで入ることはできないので、できればラッキーくらいに思っておくのがいいかもしれません。立ち位置にこだわりすぎて他の人の迷惑にならないように気をつけます。

・式典終了後
式典が終了したら、子どもにリポーター役になってもらうといいでしょう。「一番の思い出はな~に?」「ランドセルは重たいかな?」などとやりとりを録音すればライブ感が出てきます。

このように、撮り方ひとつで全く印象が違うものを撮ることができるのです。今でもたまに我が子が映った赤ちゃんの時の動画を見ることがありますが、もっとこうやって撮ればよかったと思ってしまう部分も多くあります。その場面は二度と戻ってこないので、これからもっと成長していく彼をきれいにとってあげる努力をできる限りしてあげることが親として求められているのだと思います。

【参考】
・毎日.jp
http://mainichi.jp/life/edu/news/20100214ddm013100022000c.html
・ソニー
http://www.sony.jp/handycam/guide/scene/index.html
・パナソニック
http://panasonic.jp/dvc/guide/index.html

子どもをもっとカワイく!デジカメ&ビデオ撮影のコツ50 (コツがわかる本)子どもをもっとカワイく!デジカメ&ビデオ撮影のコツ50 (コツがわかる本)
(2006/09)
C3プロダクションズ

商品詳細を見る
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : デジカメ, 成長, 記録, ビデオカメラ, SONY, panasonic,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1962-6f4e22be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック