龍馬伝 第7回「遥かなるヌーヨーカ」

ここでは、「龍馬伝 第7回「遥かなるヌーヨーカ」」 に関する記事を紹介しています。



土佐に戻った龍馬のことを快く歓迎してくれる人たちもいれば、反感を持って接する人たちもいます。このことは分かっていたことなのに、龍馬にとってはやはりつらかったでしょうね。その代表ともいえる人が武市半平太ではないでしょうか。心から龍馬のことを羨ましい気持ちと共に嫉妬している面もある彼は、龍馬が感じた黒船に勝てない、開国は避けられないという考えに真っ向から反対し、やがてそれは埋められない溝となっていくのです。

閉鎖空間の中にいるとどうしても情報というものは限られたものしか入ってこず、自分たちが最も素晴らしく強いのだと錯覚してしまうのは仕方のないことです。自分が世界を知らないということが分からない、大きな世界を見た人にしか分からないのは何とも残念ではありますが現実のようです。そのことを武市さんと龍馬の間に強く感じてしまいます。

きっと岩崎弥太郎も龍馬よりの考えを持っていたのでしょう。しかし彼に加尾はなびきませんでした。自分としてはもしかしたらこのまま弥太郎と夫婦になってしまうのではないかと期待する面もあったのですが、まだ少し早すぎたようです。もう少し先になるとまた違った展開があるかもしれません。すべては江戸に行ってからのことなんでしょう。

そして今回最大の場面が龍馬の父である児玉清さん演じる坂本八平さんでしょう。児玉清についてはアタック25のイメージが強くシリアスな場面になると「アタックチャンス」と力こぶを握らないか冷や冷やしていましたが、そんな場面があるはずもなくただ静かに大人になった龍馬の成長を喜ぶひとりの父親としての姿を演じていました。子供の成長を見ることができるだけで幸せだといいますが、後の姿を見ることができない悔しさも語っています。ひとりの息子を持つ身として、ものすごくこの気持ちわかります。そんな八平も龍馬が思い描く自家製黒船での世界航海の話を満足そうに涙しながらにこやかに聞いて、静かにこの世を去っていきます。香川照之さんもおすすめシーンで書いているように、龍馬伝前半の最大の涙シーンの1つといえると思います。そのくらい迫真の演技でした。この父親の思いを胸に大きくなっていって欲しいですね。

次回はその八平と同じ父親という立場の弥太郎の父親である弥次郎が大暴れするシーンのようです。ここでも予想外の涙を誘うのか期待したいと思います。

◆龍馬伝紀行◆
高知県高知市
 -河田小龍生誕地

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
(2010/01/27)
TVサントラ

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 広末涼子, 坂本龍馬, 福山雅治, 龍馬伝, 大森南朋, リリー・フランキー, 大泉洋, 児玉清, 岩崎弥太郎, 香川照之,

コメント
この記事へのコメント
こんにちは^^。
このたびはご訪問いただきまして、ありがとうございました。

こちらにコメントするのは実は2度目(3度目かな・笑)なんですよ。
1度目は「アレルギーの起源」でv-398。それとWBCもかな?
いずれにしても大分前の話デスが。

その時、こちらではコメントよりもTBのやりとりを盛んにしていらっしゃるのを拝見し、
それ以来「読み専」になっていました。

去年新しくブログを立ち上げてドラマについても書くようになったので、
図々しくもTBを送らせて頂いていました。
ご挨拶が遅れて申し訳ありません。

今後ともどうぞよろしくお見知りおきくださいますようお願い申し上げますv-435
2010/02/15(月) 10:33 | URL | こん #8IgtKjlw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1960-9e0b5f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック