午後の眠気を解消するコツ

ここでは、「午後の眠気を解消するコツ」 に関する記事を紹介しています。



午後一番の会議などで、よく話し手は「午後の一番眠いときではありますが・・・」などと言いますが、これももはや枕詞のようになっています。自分が新入社員の頃よく眠ってしまう同期のひとりは周囲からたるんでいると注意されたものです。そのようになってはいけないと分かっていても眠くなるので、講義の最中にフリスクを大量に摂取したりしていましたが、そうするとお腹を緩くしてしまったりしまいにはその刺激さえも効かなくなってしまいました。このままでは良くないので自分たちが次に利用したのが「カフェロップ」などの眠気防止ドロップです。思いきり医薬品なのですが背に腹は代えられません。今となっては懐かしい思い出です。

人間の眠気には半日ごとの周期があり、夜と午後2時頃にやってくるのだと専門家は話します。昼食の後にやってくると思いがちですがそればかりではなくこの時間帯に眠くなるのは自然の流れだというのです。そんな眠くなることを事前に防止する方法といざ眠くなったらどうしたらいいのかについて今回紹介したいと思います。

◆午後に眠くならないためには昼寝が大事
脳の疲れをとってあげるために事前に昼寝をするといいと足利工業大学睡眠科学センター長の小林敏孝さんは言います。以下にその昼寝のポイントを示します。
・椅子に座ったまま眠る
 横になると眠りが深くなり、かえって頭がぼーっとする。
・携帯電話のアラームを利用
 目安は20分です。
・眠る前にカフェインをとる
 コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物を摂ることで寝起きが良くなります。
・簡単な睡眠でもOK
 一瞬うとうとしたり目をつぶったりするだけでも疲れは取れます。

◆いざ眠くなったら脳に刺激を
とは言いつつも、眠くなることはあります。そんなときは以下のような常套手段に出ましょう。
・ガムを噛む
 口の筋肉を動かすことで脳の血流量が増えます。
・カフェインを摂取
 コーヒーが苦手な人は上記で紹介したカフェイン入りの飴やカプセルもあります。
・適度なおやつを食べる
 血糖値が上がって頭がスッキリします。
・ストレッチなどの運動
 血糖値を上げる効果があります。
・口の中に爽やかな風を
 ミントやキシリトール入りのガムなどですきっとさせます。

この他、頭のてっぺんからやや後ろにある百会等のツボを推すことによって血流量を上げる方法もありますので、試してみる価値はありそうです。しかし、それでも眠気をとることができないのであれば、一度退席をして洗面所で顔を洗ってくるのが一番効果的だと思います。眠気は自分の力でコントロールすることができ、それができずに眠ってしまうとき自制力がないと判断されてしまいがちです。そんなことで評価を落ちるのは悲しいので、出来ることはやっておきたいものです。

【参考】日経Plus1 2010/02/06

カフェロップ 12錠[第3類]カフェロップ 12錠[第3類]
()
第一三共ヘルスケア

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : カフェロップ, 眠気, 午後, 会議,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1955-fe9c0992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック