坂の上の雲 第2回「青雲」

ここでは、「坂の上の雲 第2回「青雲」」 に関する記事を紹介しています。



物語は本当に速いスピードで進んでいきます。こんなに内容の濃い物語なのにこの速度で話を進めるのがすごくもったいないような気がします。ひとつひとつの場面は非常に良く作られていてすばらしいものなのですが、その展開が急なので着いていくのが精一杯で登場人物の間のつながりを深く見ることができないのが非常に残念です。

今回は、好古、真之の兄弟と常規が自分たちの夢を追い求めて次第に進路を決定していきます。好古は陸軍大学校でエリートを進みつつ、フランスへ留学することになります。真之は勉強して入学した大学予備門を退学して海軍兵学校へ入学します。今の時期でもあるような「自分が将来何を目指すべき何だろう」という悩みに悩んだあげくに見つけた道です。将来何をしたいのだろうという疑問に悩み、そしてどのように見つけたのかをもう少し詳細に描いてくれるとよかったのですが、そのあたりは小説を読んでくださいということなのかもしれませんね。最後に常規は大学予備門から俳句や小説といった文学分野へ傾倒していきます。

真之と常規の友情は見ていて本当にすがすがしかったです。大学予備門の時も共に野球をしたり、机を並べて共に勉学に励んだりしながらお互いが切磋琢磨していましたが、進むべき道が異なったとき、二人は別れることになります。手紙一つで常規に別れを告げた真之と、それを笑って励ます常規の姿に思わず涙してしまいます。お互いに本当に成功して欲しいという想いが伝わってくるいい場面でした。香川照之さんの演技もすばらしいですね。イケメンではないのですが、味があって深みがある演技を見せてくれます。周囲が大物俳優のなかにあって、全く劣っていないのがなんだかうれしくもあります。俳優といえば、小澤征悦も出てきて篤姫の時の西郷隆盛を思わず想像してしまいました。

3人がそれぞれの道を歩み出し、そしてプロフェッショナルになっていって次回につながるのですが、最後の一つのナレーションがこの時代の良さを表しています。それは、この時代が何でもできるということ。規模が小さい分、実力がある者はすべてを任せられ大きなスケールの仕事を自分で作っていくことができるという男としてかっこいい生き方をすることができること。その内容が結果的に日本を不幸なものにしてしまったのですが、それはあくまで結果論です。この時代の若者が全力で自分を出し切ることができるのがなんだか羨ましくもあり、自分もそうありたいと強く感じます。次回以降の成長が楽しみです。

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラックNHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック
(2009/11/18)
久石譲サラ・ブライトマン

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 坂の上の雲, 本木雅弘, 正岡子規, 秋山真之, 秋山好古, 菅野美穂, 阿部寛, 香川照之, 小澤征悦, 藤本隆宏,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1884-6cca0d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック