若者に急増中のドライマウス

ここでは、「若者に急増中のドライマウス」 に関する記事を紹介しています。



ドライマウスとは口腔乾燥症とも言われ、文字通り口の中が乾いた状態になることなのですが、もともと唾液が出ることによって口の中は乾いた状態にはなりにくい場所です。それが乾いた状態になることによって舌が痛くなったり口の中が粘つくといった不快な気分になるばかりではなく、放っておくことで会話や日常生活にまで支障を来すことになってしまう恐ろしいものなのです。

そこで、今回はこのドライマウスという症状について改めて認識をした上で、自分たちはどのように普段から予防していけばいいのかについて専門家の意見を参考に考えてみたいと思います。

◆ドライマウスの度合い別症状
・軽度のとき
口の中がネバネバするような不快感がでてきます。また口が渇いた感じになる、水をよく飲みたくなるといった自覚症状が現われるようになります。
・重度のとき
乾きが進むと舌の表面のひび割れや痛みがでてくるようになります。さらに舌がもつれてしゃべりにくい、食べ物が飲み込みにくいといった症状や、味覚障害を引き起こすこともあります。

唾液は口の中を清潔に保ち細菌感染を防ぐ働きをしています。これが少なくなってしまうことによって口臭が強くなり、虫歯や歯周病、口内炎にかかりやすくなってしまうのです。

◆ドライマウスの原因
唾液の量が減ってしまうことが問題なのですが、加齢やストレス、生活習慣、薬の副作用など様々な要因が考えられています。かつては更年期を迎えた女性が最もかかるといわれてきましたが、不規則な生活をしている現代人はよく掛かりやすい状況になっていることから誰でも起こりえる症状だといえます。

◆ドライマウスの予防法
ドライマウスは、それ自体生死にかかわるようなものではないそうなので、一安心することはできるのですが、それでも不快な症状を抱えたまま生活はしたくないですよね。そこで普段から以下のような点について気をつけながら生活習慣を直していくことが必要だと専門家の方はいっています。
(1)よく噛んで食べる
(2)リラックスする
(3)規則正しい生活
(4)部屋の湿度に気を配る
1は、唾液の分泌を促進する直接的な方法で、2から4までは原因をできる限り除去するための方法といえます。

普段は特に気にすることのない口の中ですが、一度痛くなるとそのことしか考えられなくなるほど気になるものです。そうならないためにもゆとりのある生活をしながらおいしくものをゆっくりと食べる心の余裕が必要なのかもしれません。

【参考】イザ!
http://gourmet.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/306942/


ドライマウスの方に!お口の乾燥を防ぐおいしい口腔保湿ゼリーハニーウェット
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : ドライマウス, , 口腔乾燥症, 乾燥, 唾液,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1806-b3ec2cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック