電車とバスの博物館であそぼう

ここでは、「電車とバスの博物館であそぼう」 に関する記事を紹介しています。



電車とバスの博物館

別件で東急田園都市線の宮崎台に行くことになったのですが、そこで子どもを遊ばせる施設を探していたときのこと。奥さんが「電車とバスの博物館があるよ」と素敵な情報を提供してくれます。Webページでみると非常に本格的な施設で、色々な体験をすることができるというので、鉄道好きな子どもにはもってこいだと思い早く行って遊ぶことにします。

以下、「電車とバスの博物館」に関する情報です。
・公式サイト: http://www.tokyu.co.jp/(東京急行>鉄道>博物館)
・住所: 〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-12
・アクセス: 東急田園都市線 「宮崎台駅」下車(駅隣接)
・入館料: 大人100円、小・中学生50円、6歳未満無料
・営業時間: 平日10:00~17:00 休日9:30~17:00
・定休日: 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)年末年始(12/29~1/3)

宮崎台の駅に到着すると、迷うことなく本当に改札の前に入り口を見つけることができます。長い通路を抜けると早くも子どもの今日一番の盛り上がりをもたらした踏切がありました。この踏切はリアル急行電車が通過する時間に合わせて遮断機が閉まるようになっていて、子どもは釘付け状態になります。なんとか次に進むと、入場券も切符になっていて自動改札を抜けて入館します。

中には、まるで電車でGoのような電車のシミュレータが数台ありアシスタントの方に教えてもらいながらまるで車掌さんの気分で遊ぶことができます。しかもそこまで人が多くないのですぐに順番が回ってきて待つストレスもほとんどありません。ちなみに子どもと奥さんがやってみると、思いきりオーバーランしていました。とりあえず車掌にはならない方がいいかもしれません。

その他、昔のバスや電車に乗ることができたり、巨大な模型があったりして、一日中電車やバスと戯れながら遊ぶことができます。子どもは閉まらないドアを必死に「しめてー!」といいながら閉めようとしているのですが、真意は未だにつかめないままでいます。

これで途中入退場ありで1日100円というのは安すぎる遊びなのではないでしょうか。近くにこのような施設があったことを知らなかったのがもったいないくらいです。埼玉の鉄道博物館にいかなくてもここで十分楽しむことができ、子どもが大きくなるに連れて様々な遊びをすることができるすばらしい施設だと思います。

お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら是非行ってみることをお勧めします。


【当店ポイント2倍】モデモ NT100 東急電鉄 たまでん デハ200形【早期ご予約】【税込】 NT100 ...
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 電車とバスの博物館, 東急, 田園都市線, 宮崎台, 電車, バス, 博物館,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1769-d6030ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック