O型は蚊に刺されやすい?

ここでは、「O型は蚊に刺されやすい?」 に関する記事を紹介しています。



夏が本格化するこの時期、うっとうしく感じるのが蚊ではないでしょうか。一度刺されるとその部分が猛烈にかゆくなり掻くなと言われても、掻いてしまうのではないでしょうか。このかゆみの原因は、蚊に刺されたときに注入される唾液の中に血液を固まらせないための成分によるものであり、これがアレルギー反応を起こすことによって感じるのだといいます。かゆみから脱却するのに経験上一番いいのが昔ながらのムヒときんかんだったりします。

この蚊なんですが、一部で「O型は刺されやすい」という伝説があるそうです。これが本当であればO型率の高い我が家において大問題となるので、しっかりと確認しておく必要があります。O型が刺されやすいというイメージは医学博士である白井良和さんによる論文が発端と言われています。

この実験では、O型19人、B型17人、AB型7人、A型21人の計64人の前腕を使って、蚊を放したガラス水槽に手を入れ、刺されやすさを調査したところ、刺されやすさはO型が最も多く、次いでB型、AB型、A型の結果になったそうです。これより前の海外論文でもO型が刺されやすいという記載もあるとのことから信憑性があると考えられてきました。

実験結果から、様々な人がこの結果に原因を求め「O型の赤血球の表面を覆っている物質が、花の蜜に似ているから蚊が寄ってくる」という考え方もありましたが、白井さんはこの説を否定した上で、O型の人の中に活発な人、汗かきの人、色黒の人、体温が高い人の割合が多いため、血液型物質以外の要因でO型の人が刺されやすくなっているだけだといいます。つまりO型が最も刺されやすいというのは絶対的なものではなく血液型以外の要因によって左右されることから、血液型に固執する必要はないという結論を導いています。

とりあえず安心しました。血液は、蚊にとって産卵に必要なものであり普段エサとして求めている花の蜜とは違うことから、上記のような原因ではなさそうです。大切なことは何型だろうが、しっかりと虫よけスプレー等の対策をうって、外に出ること以外にやることはなさそうです。

【参考】Business Media 誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0908/06/news007.html


日本で初めての医薬品の虫よけ剤ムヒの虫よけムシペールα(60mL)【第2類医薬品】
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : O型, 虫さされ, , , 血液型,

コメント
この記事へのコメント
ぺんぺんさんこんにちは♪♪
今年はまだ一度も蚊にくわれていないあゆB型です。
親友はA型なのですが、一緒にいると間違いなくその子が蚊にやられます。
よくよく考えたら、「あたしの私服は100%ジーパンだから」という結論に達しましたw
そういえばダンナはOなんですが、蚊にくわれてるところあんまし見た記憶がありません。

ここ最近蚊が少なくなったような気がする。。。

試しに今日は短パンサンダルノーガード状態で出掛けてみようかなあと思います。(危険)
2009/08/14(金) 13:34 | URL | あゆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1751-f951bafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック