緑にふれあえる川崎市緑化センター

ここでは、「緑にふれあえる川崎市緑化センター」 に関する記事を紹介しています。



川崎市緑化センター

真夏に向かって天気も暑さもまっしぐらですが、すこし天候も曇ってくれて外に出るには今しかないという今日、子供を連れて川崎・宿河原にある緑化センターに出かけることにしました。

作られてから400年もたつ二ヶ領用水の用水路添いにベビーカーを押しながら歩いていると、まもなく森に囲まれた一帯が見えてきます。緑化センターは二ヶ領用水で二分されていて、片方が様々な種類の植物、温室、事務所など主要な施設がある部分で、もう片方が青々と茂った大きな芝生の広場がある林になった部分とで構成されています。

◆芝生の広場
子供は到着した途端に爆睡をしてしまったので、途中のコンビニで購入したおにぎりを食べながら、芝生の広場の木陰で子供が眠っているベビーカーをそばに置き、休憩することに。この芝生の広場には、水車と水場、そして古風な小屋があり、その他も小川と庭園がきれいに整備されている素敵な場所です。

子供が起きると、この芝生の上でおいかけっこをし、子供は30分くらい水車を「ぐるぐる、あったぁ!」と指を指しながら延々と見つめ続けていました。一つ注意しなければならないのが蚊です。水場だけあって、この水車付近は蚊が多いので、しっかりと対策をしたはずの子供でさえ蚊が寄ってきていました。後で厄介なので、蚊取り線香を腰に巻くぐらいの気合いで遊ぶことをお勧めします。

土曜日の午後、2時間くらいここで過ごしましたが、人が来ることがあまりなく10人程度。こんなにキレイで思いっきり遊べる場所なのになんだかもったいない気がします。近くにこのような広場があったら、毎日でもくると思うのですが。

◆緑化センター主要部
続いて向かったのが、二ヶ領用水を渡ったところにある緑化センターの主要部分。かなり広いこの場所は、綺麗な花々が植えられているだけでなく、その他珍しい植物も植えられています。子供はそのようなものには目をくれずひたすらチョロチョロしていました。途中、小型チェーンソーで植え込みを刈っていた職人の方をじっと10分程度見つめ続け、職人さんも少々困り顔。「しっかり持っててくださいね」と注意されてしまいます。仕事の邪魔をしてしまい申し訳ございません m(_ _)m

事務所の前にある噴水は数分おきに水が止まるので、これを見ていた子供は「いなくなっちゃった」「でたでたー」の繰り返し。これで楽しめる子供の好奇心を見習うべきなのかもしれません。事務所前にはその他、様々な草木を安価に購入することができる売り場もあります。ほとんどの草木が1鉢100円で売られているので、立ち寄ってみるといいと思います。自分も奥さんもきっと購入しても枯らしてしまうと思うので、この草木のためにも購入を断念することにします。


緑化センターというと何となく、植物園というイメージしかありませんでしたが、盆栽展や様々な講習会、園芸などに関する相談・アドバイスを受けることができるばかりでなく、自然の中で遊ぶことができ、子供連れの方でも楽しむことができる素敵な場所だと思うので、立ち寄ってみるといいと思います。閉園時間が休日で16時30分と短いので、お早めに。

-川崎市緑化センター-
・営業時間(入場は閉園の30分前までです)
 4~8月 9:30~16:30
 9~3月 9:30~16:00
・休日
 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3
・駐車場
 普通車5台 無料

  

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 緑化センター, 川崎, 宿河原, 芝生, 子供, ,

コメント
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。私は宿河原在住25年、緑化センターをこよなく愛する一人です。このたび、市民グループ「緑の道」を立ちあげ、11月13日雨天時14日に行われる 緑化センターまつりに参加することになりました。時間は10時からです。オープンカフェや、手作り市、フリマ、どんぐりアートなど、楽しいイベントです。是非、足を運んでくださいね。
2010/11/05(金) 19:08 | URL | のりこ #25LHt37Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1696-ce69883c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック