天地人 第20回「秀吉の罠(わな)」

ここでは、「天地人 第20回「秀吉の罠(わな)」」 に関する記事を紹介しています。



とうとう秀吉の天下の世の中に向けて、時代は大きく動き出しました。明智光秀を破ってから賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破り三法師を跡継ぎにして関白になるまでの動きが速すぎてついて行けませんでした。サブリミナル効果の疑いがあった前回と比較し、ゆっくりとしてはいましたが今回は内容的に早すぎた感じがします。きっとこの部分は上杉とは関係ないのでさくっと終わらせたかったのかもしれません。

そういう意味で、その後の落水での会見では秀吉と景勝の息をのむ演出は素晴らしかったです。というか秀吉役の笹野高史さんの演技が素敵すぎます。自分たちが描く秀吉像を本当にうまく表現していて外見もサルにそっくりな部分などはまさに適役だと言えるでしょう。

秀吉もきっと何か考える事があるのかもしれませんが、景勝は上洛を決定します。これからの上杉の考え方は「義」というよりもすべては越後の民のためという考え方が中心になっていくようです。秀吉も会見で兼続に質問しましたが、越後の民のためであれば武田と金銭でつながっても問題ないということから、すでにこの考え方は中心にあったのです。こう考えることにより乱世は一刻も早く終わらせるべきだと景勝も考えたのでしょう。

今後は、兼続と三成の人間関係が今回と次回の2回にわたって描かれていきます。これは三成という存在が今回の天地人のなかで重要な人物ということなんでしょう。今回はふてぶてしい三成が描かれていましたが、次回はどのようになるのか楽しみにしたいと思います。

□■天地人紀行■□
新潟県糸魚川市
 旧松本街道(塩の道)
 親不知海岸
 落水城(勝山城)跡



大河ドラマ天地人フェイスタオルNHK公認商品
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 北村一輝, 天地人, 妻夫木聡, 常盤貴子, 東幹久, 長澤まさみ, 笹野高史, 小栗旬,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1618-1564d2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック