天地人 第15回「御館落城」

ここでは、「天地人 第15回「御館落城」」 に関する記事を紹介しています。



長く続いた御館の乱も景勝の圧勝という形で終焉を迎えることになります。最後の戦い自体は非常にあっけなく終わったような感じがするのですが、この戦いだけで物語を3回も使ったことからも、謙信亡き後の状況がいかに大切であったかがわかります。

景勝にとっては、今回の御館の乱は戦況以上に、母と妹を敵に回すという心中穏やかでない状況に置かれる厳しい戦いとなったと思います。母である仙桃院は助かったのですが、妹の華姫は夫である景虎とともに自害する道を選びます。この選択はある意味戦国の世の中にあって当たり前なんですよね。政略結婚によって同様の状況になってしまった場合、いくら親族である人たちが敵になったとしても、嫁いだ先の夫とともに生きるのはこの世の中の定めなのかもしれません。

もうひとつ残念なのが景虎の周りには忠誠を誓って奮闘する武将が少なかった様に思えます。最後まで側近にいた家臣も北条に帰ると言い残して不敵な笑いを浮かべながら去っていくし、この男のおかげでなんかめちゃくちゃにされてしまったような気さえしてきます。運もなかったのが残念ですね。道満丸が無事に春日山に到着していればまた違った道もあったんでしょうが。

これで相武紗季と玉山鉄二という2大スターを見ることができなくなるのはなんだか寂しい気がしてなりません。この2人に代わり次に登場するのは家康役の松方弘樹です。視聴率的に下がらなければいいのですが、そこは松方弘樹の名演技に期待することにしたいと思います。

今回最も活躍したのは、やはりお船でしょう。身をもってこの事態を打開しようと自ら御館に向かって仙桃院に訴えかけます。結果的には道満丸の暗殺によって総攻めになってしまうのですが、最後に兼続によって景虎に義理がとおされる結果となりました。女性ってやっぱり強いですね。

□■天地人紀行■□
新潟県妙高市
・妙高山
・関山神社
・鮫ヶ尾城跡
・曲輪跡
・勝福寺


◆メール便は送料無料◆ NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック 【オリコンチ...
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 北村一輝, 天地人, 妻夫木聡, 常盤貴子, 高嶋政伸, 東幹久, 玉山鉄二, 小泉孝太郎, 高島礼子, 相武紗季,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1559-c4514e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック