短い会話ではマイナス点を先に

ここでは、「短い会話ではマイナス点を先に」 に関する記事を紹介しています。



あなたは友人が作ってきたというパンを試食したとします。試食した後2つの感想を持ちます。一つは味がさっぱりしていて美味しいこと、そしてもう一つは少し固いということ。そこであなたは、この感想を友人に伝えるとしたら次のどちらを言いますか?

A「さっぱりしていて美味しいけど、少し固いね」
B「少し固いけど、さっぱりしていて美味しいね」

どちらも伝えている内容は同じ2つの感想です。これを聞いて友人はどちらの方に喜ぶのでしょうか。きっと多くの人はBを選択すると思います。Aは結局なんか愚痴っぽく聞こえてしまう可能性すらあり、場合によっては友人を怒らせてしまうかもしれません。

その他、ある仕事を頼んだ相手から「ありがとうございました。すごく勉強になりました。やってみてよかったです。ちょっと大変でしたけど。」と言われると、相手は感謝の気持ちを述べているのかもしれませんが、聞いた方にすると大変な仕事をさせちゃって申し訳ないと思うでしょう。

では、この違いはどこから来るのでしょうか。コミュニケーション塾の今井登茂子さんによると、短いワンフレーズの中では最後にくる言葉がより強調されて相手に伝わるためとしています。なので、先ほどの例でいうと「大変だったけど、勉強になってよかったです。ありがとうございました。」と言うことによって感謝の気持ちと共にやる気を相手に伝えることができる言葉に変身することができるのです。

最後にポジティブな言葉を残すことによって、相手も自分も明るくなるような気持ちになりますよね。明るい印象を持つ人の所には楽しい話や楽しい仲間、素敵な仕事が舞い込んできます。短い言葉の中でマイナスとプラスふたつの気持ちを相手に届けるときには、感謝や喜びなどプラスの言葉を最初に持ってくるように意識するといいと思います。

【参考】日経Plus1 3月14日

人に好かれる言葉ハンドブック―こんなとき、この言い方人に好かれる言葉ハンドブック―こんなとき、この言い方
(2008/08)
今井 登茂子

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 今井登茂子, コミュニケーション, ビジネス, 短い言葉, ポジティブ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1519-1f71425d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック