天地人 第11回「御館(おたて)の乱」

ここでは、「天地人 第11回「御館(おたて)の乱」」 に関する記事を紹介しています。



今回の出来事について、その責任は上杉謙信にあったのではないかと思えてきます。昔から自分の息子として2人を同じように側に置いておけば、当然自分が亡くなった後どちらも後継者になるものと信じて疑わないでしょう。しかも今回ドラマを見る限り明確にどちらという風に後継者を指名していないことから、ある意味起こるべきして起こった乱であるといえると思います。

春日山城本丸をおさえられた景虎は、景勝に対して戦うことをとうとう決心することになるのですが、それにしても景虎の背後にいる家臣はなぜみんな強面なひとばかりなのでしょうか。特に北条から来たという家臣の一人は明らかに悪党です。水戸黄門では越後屋として出てきそうな勢いです。

すでに戻ることができない状況になっているのですが、最後までこの戦いを諦めなかったのが仙桃院でした。仙桃院の気持ちを兼続に伝えに来たお船は、「自分も同じ立場なら同じことをした」と慰めつつ、「そなたが鬼になるなら、私は夜叉になろう」といい、さらに「そなたには私がついておる」とまでおっしゃって、ラブラブな雰囲気を醸し出します。この場面をたまたま見ていた信綱は、「わしは気にはしておらん」というのですが、明らかに気にしてますよね。熱血教師はここではなりを潜めているようです。

一度山を下りた景虎の選択は、ここまででは正解だと思います。籠城に持ち込めば、山の方が不利に決まっています。この状態で景勝がどのように突破していくのか来週に期待しましょう。

□■天地人紀行■□
新潟県上越市
・居多ヶ浜
・居多神社
・御館跡
・御館公園

NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラックNHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック
(2009/02/18)
TVサントラ

商品詳細を見る



大河ドラマ「天地人」で話題の直江兼続!!兼続が兜に掲げた愛の字をシールに☆自分で簡単に直...
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 北村一輝, 天地人, 妻夫木聡, 常盤貴子, 高嶋政伸, 山下真司, 玉山鉄二, 萬田久子, 高島礼子, 相武紗季,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/1512-ef356012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック