今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



今回は大地震によって大きな被害を出してしまった伏見を普請していた昌幸から物語が始まります。途中色々あったのですが最後は一生懸命普請の陣頭指揮ををとっていた昌幸ですが、三成からその必要は無くなったため堀の普請にまわって欲しいとの依頼を受けます。これで完全にやる気を失ってしまった昌幸は太夫との遊びにふけるようになりますが、その彼女こそ本多正信が差し向けた忍びの者だったのです。

それを見破ったのは同じ忍びの才能がある出浦のおじさん。彼はやっぱりこういう場面でも力を発揮し昌幸パパをしっかりと守ってくれます。というか、昌幸の口の軽さにも若干引き気味なのですが、こんなに重要な話を太夫に話してよくこの時代を生き残れたなと思ってしまいます。少し前までは味方すらだましていた程の猛者だったのですが・・・

秀吉は段々憔悴しきっていき、次回が最期を、むかえることになりそうです。信繁は大谷から自分の進むべき道を信じてといわれ、その結果秀吉の状況が芳しくないことを真田家の面々に伝えることにします。きっとこの時点では真田を守るというのが自分の進むべき道と考えたのでしょう。この先彼がどのような心の変遷をたどっていくことになるのか、楽しみにしたいと思います。

◆真田丸紀行◆
京都府京都市
 - 醍醐寺






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 小日向文世, 竹内結子,

秀吉の老いる姿は思いの外じっくりと描いているようで、今回でなくなる想定をしていたのですが次回もまたその流れは続きそうです。必至に秀吉の状態を隠し通す信繁たちですが、完全にバレバレな状態になってしまっています。この状態ではいずれ統率力も無くなってしまうことは目に見えています。

さらに信繁と信幸の兄弟の間でも今回考え方と方向性の違いが浮き彫りになります。信繁はなんとしてでも豊臣の世を継続させるとして必死に忠誠を誓うのですが、信幸は妻が徳川の人ということもあり何かあったら徳川につくと断言。この辺りで今後のフラグを立てておいたのでしょう。

細川ガラシャ役に橋本マナミさんも登場し、女性陣がパワーアップしてきました。重鎮と呼べる人がいなくなってきましたが、今後の女性陣の活躍にも期待したいと思います。

◆真田丸紀行◆
福井県敦賀市
 - 西福寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 小日向文世, 竹内結子,