今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



前回までの流れで今後も秀吉の子供へのメロメロな展開になるのかと思いきや、そのシーンはそこまで多くなく今回のメインはむしろ北条にありました。北条を演じる高嶋政伸も良い雰囲気を醸し出していておごっている北条氏政をいい感じで表現しているように感じます。

そんな強気の北条に対して家康は自ら説得することになります。自分も秀吉に対しては心から従っているわけではなく、一時力と勢いのあるものへまかれているように振る舞っている、だから北条も今は従うふりをしたらどうかというものでした。

この後に本多正信に語っていますが、本当は北条に滅んでもらった方が自分の領地も増える可能性もありますし、いいことのようにみえるけれど、助けてみたくなったという家康に正信はさすが殿と感服しています。きっと本音はそこではなく、きっと他のところにあったのだと思いますが、何だったのでしょうか。そんなことを考えながら見ると楽しみも広がると思います。

今回、今後のフラグとして演出があったのは、秀次と昌幸でしょう。秀次はお捨が生まれて自分が必要とされていないのではないかと心配で仕方ありません。今後きっと彼を待ち受けているあまりにもつらい出来事を暗示しているのでしょう。そしてもいう1人が昌幸でした。最後のシーンで信繁が江雪斎との議論の前に、もはや武力でものをいう世界ではないのだということを悟ることになるのですが、これは大きな時代の変遷を感じさせます。そんな時代の大きな流れを感じながら、次回を楽しみにしたいと思います。

◆真田丸紀行◆
群馬県沼田市
 - 榛名神社






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 長澤まさみ, 小日向文世,

内容としては、これまでも様々なドラマの中で描かれてきたことから真新しい描写は特にありませんでしたが、その中で最も印象深かったのは信繁の探偵ぶりでしょう。初めの推察ぶりはまさにコナンといった感じでしたが、色々と調べていくうちにある僧に罪をかぶせてしまうという結論を導き出します。てっきり犯人を捜してくれるのかなと思っていたのですが、そこまでは出来なかったようです。

物語全体としては、真田家を中心に描くドラマなので、秀吉に関する描写は薄くなるのは仕方がないこと。その中で他のドラマと違うのは、1人の名も無い僧に焦点をあてて、この時代の苦しみを代弁させる方法でした。後に石田三成も話していましたが、落書きを書いたのは民であるということ。秀吉に対する民の不満は確実に高まっていた、そんなことを登場人物の1人である僧を使って示すことに成功しています。この方法はすごいなと改めて思いました。

真田家に目を向けてみると、稲が徳川から嫁にやって来ます。来て早々、何なりと申せという信幸に稲は、散々引っ張った末に、寒いと普通のことを要求します。普通だなと思っていたら、その後にこうが登場し、世話役として継続して信幸を支えることになったのでした。もっと時間を費やしてもいいのではないかと思ったのですが、思ったよりもあっさり終わってしまいました。

さて、次回はとうとう北条とのギリギリの戦いが始まるので、楽しみにしたいと思います。

◆真田丸紀行◆
京都府京都市
 - 聚楽第東壕跡






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 長澤まさみ, 小日向文世,