今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



今回は、富岡製糸場に関してというよりも、教育問題に心血を注ぐ美和と楫取という内容の比重が高かったのではないでしょうか。しかし明治になってこれまで教育をまともに受けられなかった層の人々が、今回のようにどんどんそういう場を作ってくれるのは、将来の世の中にとって本当にプラスになります。

花燃ゆで描かれている楫取のように、即断即決し周囲も熱意を持ってそれを支える姿、そして阿久沢が言っていたように将来のための政治というものが目に見える形で庶民に提供されること、そうした努力を政治家がすることによって、世の中はきっと良くなっていくと信じられるのではないでしょうか。そんなことを考えさせられた内容となりました。

終盤は美和と楫取の再婚に向けた周囲からのプッシュという若干プライベートな部分で興味が薄くなってしまいましたが、次回はそれがメインとなる模様。残りもあと少しなので、物語全般をどのように締めくくるのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
群馬県富岡市
 - 富岡製糸場





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 井上真央, 大沢たかお, 三田佳子, 江守徹, 優香, 市川理矩, 細田善彦,

群馬は徐々に様々ば取り組みが功を奏し、順調に物事が進み始めていましたが、その中で突如生糸の暴落が発生します。前回も同じような事が起こりましたが、前回は群馬の生糸に粗悪品が混ざったことによる信用劣化が原因でした。

しかし今回はグローバルな経済の流れの中での暴落であり、群馬の生糸だけではなんともなりません。そこで楫取達が考えたのがアメリカに渡っている新井領一郎に力を借りて直接交渉をすることによって大口契約を取り付けるというもの。この作戦が見事に的中し、確実な販路を手にすることができるようになります。

しかし、それもつかの間。今度は価格が急騰し、一生懸命作った販路を利用しなくても高く売りさばける状況になります。早速リチャードソンとの契約を反故にして売りまくろうとする阿久沢ですが、そこにまったをかけたのが楫取でした。ここでも楫取は100年後に安心して暮らせるような基盤を構築することが大切だと説得します。

今まであれれば阿久沢の意見に賛同する者が多かった県庁ですが、今では楫取に与する職員が増えたことによって、楫取の意見が採用され、リチャードソンとの契約を守ろうと奮闘します。初めは、反対した手前協力出来なかった阿久沢ですが、結果として妻の手助けもあり、ともに群馬のために力を貸すことになり、物語としては非常にハッピーエンドとなります。

この政治経済部分は非常に良かったのですが、妻の寿に関しては悲しい結果になってしまいました。これまで憔悴しきった演技をずっと続けていた優香ですが、今回とうとう亡くなってしまいます。亡くなるまでずっと若作りな雰囲気だったので、20代でなくなったのかと思っていたのですが、歳が40代ということで驚きました。

美和も相当歳をとっているはずなのですが、奥にいる頃からほとんど容姿を変えない状況にあります。一体どこで老けた雰囲気を出すのでしょうか。

残り少なくなってきましたが、次回は富岡製糸場が危機になるようです。今、世界遺産登録で湧いている富岡製糸場なので、話題としては十分。どのように人々は守っていくのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
群馬県前橋市/東京都港区
 - 臨江閣





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 井上真央, 大沢たかお, 三田佳子, 江守徹, 優香, 市川理矩, 細田善彦,