今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



自分のように歴史の表舞台を中心に見ているひとにとっては、なんだか物足りない気持ちになったのではないでしょうか。題名の意図は最後の方に美和の口から明らかになり、高杉のことを示していることがわかるのですが、松陰や久坂など様々な人の思いを背負って戦っている戦である幕長戦争(ちなみに、この言葉初めて知りました。今まで第2次長州征伐と習ってきたので)の描き方がもの凄くチープすぎて涙が出る程なのです。

危うくナレーションで終わるのではないかと思ったほど、攻撃のシーンなどを割愛する場面が多く、大河ドラマの醍醐味である戦のスケールなどは全くなかったのが残念でした。丙寅丸が冨士山丸を攻撃するシーン、小倉城を攻めるシーン、周防大島の戦いなど、戦いの前と後だけを簡単に説明して結果を伝えるなど突っ込みを入れたくなる場面は数多くありました。

では物語の中心である美和周辺ではどうかというと、兄から教えてもらったという守り方をなかで披露したり、昇進したりとほぼ無風な感じで、これがしばらく続きそうです。

さて次回はとうとう高杉もいなくなってしまう模様です。きっと今回ちょいダシしていた辰路さんの子供について、高杉から美和に暴露するのでしょうが、高杉がいなくなってしまったら物語の面白さをどこに見いだしていけばしばらく悩んでしまいそうです。次への興味を持たせてくれる内容が登場してくれることを願ってやみません。

◆花燃ゆ紀行◆
広島県広島市
 - 旧国泰寺愛宕池

山口県周防大島町
 - 幕府軍の砲弾跡(浄西寺)

福岡県北九州市
 - 小倉城





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 北大路欣也, 三浦貴大, 大沢たかお, 高良健吾, 井上真央, 東出昌大, 黒島結菜,

夏の季節に一番似合う花と言えばひまわりを思い浮かべる人が多いでしょう。

ひまわりの花言葉をご存じでしょうか。それは「私はあなただけを見つめる」というもの。もの凄く情熱的なネーミングだと改めて感じます。そんなひまわりの花言葉にふさわしいお話をご紹介しましょう。

アメリカ ウィスコンシン州に住むBabbette Jaquishさんはある日ガンを患い闘病生活をしていました。そんな彼女を励ますため、夫であるDon Jaquishさんが400エーカー(約162万平方メートル)の畑一面に彼女が大好きなひまわりを植えます。

2人はさらにBabbette’s Seeds of Hopeという会社を設立し、収穫した種を販売、その利益でがん患者の支援を行っていました。その4年後、Babbetteさんは天に召されてしまうのですが、Donさんは事業を継続し妻の顔写真をプリントしたパッケージに種を詰め、販売を行っているといいます。

Babbetteさんが亡くなってから4ヶ月後、Donさんは妻が残したノートを見つけました。そこには・・・



「毎日をしっかりと生きて。あなたが朝の空気を感じるとき、目覚めたとき、コーヒーを飲むとき、私はそばにいる」



どこまでも続くひまわり畑は、永遠を誓った2人の愛のシンボルとなっているのです。ひまわりの花言葉にぴったりなお話だと思います。

残り少ない夏の季節。そんな逸話に思いをはせながら、ひまわりを眺めてみるといいかもしれません。

(参考)
・ISUTA http://isuta.jp/65054/
・Babbette’s Seeds of Hope http://www.babbettesseedsofhope.com/





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : ひまわり,