今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



奥編も話を見ているうちに段々と美和が奥女中という身でありながら、奥の世界ナンバーワンである都美姫、ナンバー2である銀姫のみならず、園山に対しても自己主張を通していく姿が当たり前のように見えてきました。実際問題としてここまで言える人はいないでしょうし、一度は解雇宣言もうけたところをギリギリのところを銀姫に救われるという場面もありました。

この辺りの奥の状況が緊迫感を持ち始めたのは、椋梨による長州藩内の締め付けによるところが大きいでしょう。日に日に恐ろしさを増していき、高杉晋作を追いかける状況は見ているこっちもドキドキしてしまうほど。しかも微妙に将棋をしながらにやにやしていたり、内藤剛志さんもにくい演技をするなと改めて感心してしまいます。

次回からは、その椋梨の藩内の引き締めが激しさを増し、とうとう小田村にまで矛先が向かうということなので、どのようにその状況を乗り越えていくのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県山口市
 - 山口大神宮





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 井上真央, 大沢たかお, 内藤剛志, 田中麗奈, 石橋杏奈,

今回は奥の話と表舞台は椋梨の独壇場というシーンでほぼ全てとなりました。前回からの前振りで分かっていたことではありますが、美和は萩に戻るためにリストラの実働部隊として園山から抜擢されます。なぜここで美和が指名されたのかが未だによく分からないのです。

もう1人は思いっきり出世ということを意識していますし、この仕事を任せられるということは美和は周囲の奥女中よりもランクは初めから高かったということなのかもしれません。そう考えると、一番下から這い上がるという構図も崩れてきてしまうような気がするのですが、美和の奥での立ち位置が不明なまま、まだまだ続いていきそうです。。。

そして今回の主役はなんと言っても椋梨藤太でしょう。内藤剛志さんのものすごい演技によって、これまでの恨みも混じって藩政を牛耳る姿が描かれています。周布との熱い場面では思わず固唾をのんで見守ってしまうほど2人の迫真の演技は見事だったと思います。それと同時に、多くを語らなくても藩を思うという共通の目的を、周布は周布なりのけじめであらわそうとするのです。この場面を見ることができたので今回は十分満足のいく内容となりました。

次回は、女たちのたたかいがまだまだ続きそうですが、それ以外の男達のたたかいに注目して見て行きたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県山口市
 - 周布政之助の碑





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 井上真央, 大沢たかお, 内藤剛志, 田中麗奈, 石橋杏奈, 石丸幹二,