今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



前回前置きがあった信長との初対面から物語は始まります。事前に信長から大変気に入られたということを知っていたので、どれだけ素晴らしい説得を行うのか気になっていたのですが結果的には予想の範囲内でした。分析は非常に的確なのですが、もう少し洞察力のある説明があるとよかったのになと感じてしまいます。

官兵衛に対してもの凄く期待してしまった結果なのですが、それだけのことを言ってくれるのではという思いがあったのも事実。次回からもっと試練が待っていそうなので、そのような場面で視聴者に「こいつ、すごい」と思わせるような発言があることを祈るばかりです。

今回は、黒田家の出来事も中央政治との関係が密接に関わっていたので、見ていて全般的に緊張感を持ってみることができたと思います。信長につくと決めた後でさえぐらぐらと揺れている小寺政職に対して、職隆は光に一芝居を打つように依頼します。それがお紺を使った政職への働きかけに繋がります。この辺りの描写は細かく描かれていませんでしたが、きっとお紺が厳しく政職を追求し結果として意志を固めさせたという経緯があったのでしょう。

また、今後を見据える上で大切な官兵衛の家臣団については、すでに主従関係がしっかりとできあがっている感じで見ていて安心感を与えます。それに対して松寿丸の周辺は不穏な空気を感じます。又兵衛との剣術稽古でも松寿丸をこてんぱんにやっつけ、不満を述べているように、後の長政との関係はこの辺りでしっかりと視聴者に印象づけています。今後の動向を少し気にとめておきたいと思います。

次回は、竹中半兵衛に試される官兵衛という図式。どこまでお眼鏡にかなうか楽しみにしたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
岐阜県岐阜市
 - 岐阜城





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 黒田官兵衛, 江口洋介, 岡田准一, 竹中直人, 黒木瞳, 片岡鶴太郎, 柴田恭兵, 中谷美紀, 高岡早紀,

今回はなかなか見所の多い内容となりました。物語は安国寺恵瓊登場シーンから始まります。毛利家の使者としてやって来たのですが、山路和弘さんがねちっこくて、陰湿な演技を見せて視聴者を魅了します。このたった数分の出来事で、安国寺恵瓊はただものならない切れ者であることを示すことに見事成功しています。

官兵衛は安国寺恵瓊との会話の中から、毛利家は自分たちをしっかりと守ることはするが、外に出て見方を積極的に援護するようなことはしないと判断し、織田方につくのが妥当と判断します。

しかし、そのことを公の場で話すのは評定の時が始めてで、それまでしっかりと念押しされていた義兄の櫛橋左京進の面目を潰し、多くの敵を小寺家に作ってしまうことになります。このあたりの調整が正しかったのかどうか分かりませんが、これをそのまま会社でやってしまったら、間違いなく信用されなくなってしまうでしょう。

小寺家をまとめ上げた官兵衛は、荒木村重のもとに訪れその事実を伝えるとともに信長へ謁見する際の注意事項を教えられます。そしていよいよ、謁見し・・・という大事なところで物語は終了。今回は官兵衛が中央政治に出てくる段階であったこともあり、あっという間の40分強でした。次回は信長がどのように対応するのか、そして官兵衛はどう振る舞うのか、楽しみにしたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
広島県安芸高田市
 - 郡山城(吉田郡山城)跡

広島県広島市
 - 安国寺 不動院







ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 黒田官兵衛, 岡田准一, 江口洋介, 山路和弘, 片岡鶴太郎, 金子ノブアキ, ,