今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



毎日小さな子供を持つ親にとって欠かすことのできないNHK Eテレの番組である「おかあさんといっしょ」に、とうとうおとうさんバージョンが登場します。その名も「おとうさんといっしょ」で、2013年3月24日からBSプレミアムで事前特番として始まり、2013年4月から本格的に放送するといいます。

NHKのサイトを見ると、この番組は3歳から6歳の子どもとその家族向け「いっしょパワー全開!」の総合幼児番組であり、「一緒」と「遊び」を2つの柱に、おはなしや、親子あそび、うた等で構成する、愉快な音楽と笑いで彩られているといいます。

イクメンという言葉が普及し、お父さんも育児に参加するようになって久しくなりましたが、その環境の変化や男女で固定観念となるようなネーミングをなくそうとする動きもあって、今回の番組が登場したものとみられます。

しかし、このBSプレミアムというあたりが、まだまだNHKとしても「そこまで需要があるのか」という疑問に対して懐疑的であることがうかがい知れます。とはいっても、やるからには「おかあさんといっしょ」に並び超えてやろうという心意気を「主なコーナー」から見て取ることもできます。以下、それぞれのコーナーについてNHKのサイトに紹介されている内容をもとに見てみましょう。

◆ おはなし「レオレオれーるうえい」
故障ばかりの蒸気機関車DD51がのんびり走る鉄道会社レオレオれーるうえい。終着駅では、ふしぎないきもの「シュッシュ」と「ポッポ」が毎日賑やかに暮らしています。そんな日々にちょっとヘンテコな出来事が巻き起こり、シュッシュとポッポの冒険がはじまります。「ドタバタな日常」と「ちょっと不思議な出来事」を、ユーモアと音楽たっぷりに描く楽しい物語です。

きかんしゃトーマスを彷彿とさせる内容ではありますが、これによっておとうさんといっしょのなかでの看板番組になるだけでなく、それを超えたメジャー作品になってくれるといいなと思います。


◆ 親子でいっしょ!「イチジョウマン7」
週末のお父さんを応援する新ヒーロー誕生!「遊びたいエナジー」満タンで全国の親子のもとへ駆けつけるのが「イチジョウマン7」です。ダイナミックな身体あそびや自然の中での冒険、ボールあそびで、いっしょパワー全開!親子であそぶヒント満載のコーナーです。

ネーミングの由来をイマイチ理解することがまだできないでいますが、週末のおとうさんというイメージがそもそも何なのか、そしてそのお父さんを応援することと、ダイナミックに遊ぶことがどのようにリンクするのか、様々な疑問が生まれますが、それを解消するためには見てみるかなさそうです。


◆ いっしょ!に歌おう「駅の音楽会」
駅の待合室では、元気なこども達と音楽会♪童謡や手遊び歌や「おかあさんといっしょ」で人気の歌、番組のオリジナル楽曲も続々登場する音楽会のスタートです。

おかあさんといっしょの熱心な一視聴者としては、どのようにそれがアレンジされて登場するのか楽しみです。

おかあさんといっしょのたくみお姉さんやだいすけお兄さんと同様、おとうさんといっしょでもうたのお姉さんとお兄さんが登場するといいます。たくみお姉さんのインパクトが強く、世の中のパパの心をわしづかみにしている状況の中で、お姉さんの人選をどうするのかについても注目すべき点でしょう。

いずれにせよ、目が離せない番組になることは間違いないでしょう。子供以上に熱心に見てしまうことにはならないよう気をつけたいと思います。

【参考】「おとうさんといっしょ」 NHK キッズワールド
http://www.nhk.or.jp/kids/program/otousan.html

おかあさんといっしょ スペシャルステージ みんないっしょに!  ファン ファン スマイル [DVD]おかあさんといっしょ スペシャルステージ みんないっしょに! ファン ファン スマイル [DVD]
(2012/11/21)
横山だいすけ、三谷たくみ 他

商品詳細を見る



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おとうさんといっしょ, NHK, おかあさんといっしょ, イクメン,

今回は、八重周辺には大きな変動がなかったことからあまり大きな描写もなく、代わりに会津藩と幕府の様子w中心に描かれていました。八重の周辺としては、あんつぁまの覚馬が結婚しうらを妻とします。この時代にあって、うらのような女性は世間からも出来た嫁としてものすごく評価されていたのだと思います。

自分の主張などはあまり大きく言わずに、ひたすら旦那様に尽くす。八重には決してできるものではないので、彼女自身も「結婚は、ちっとも楽しくない」と結論づけてしまう始末。

これに対して覚馬がどのように感じるかは描かれていないのですが、それによって世間にとっての出来た妻が自分にとっていい妻なのかどうか、分かることでしょう。八重の動きが少ない今、覚馬周辺の動向を今は見守りたいと思います。

その覚馬の禁足を解除して欲しいと願い出たのが西郷頼母でした。やはり、彼はいい人であり思いやりの気持ちをもって覚馬に接しています。西田敏行の人間味溢れる演技も見ている方としてはすごく癒されます。松平容保もそういった直訴に対して聞く耳を持っており、そういう意味で会津藩は中間の重鎮以外は非常に素晴らしい人物が集まっているといえます。

そして今回最も多くの時間を費やしたのが幕府の状況でした。歴史上も名高い井伊直弼がアメリカと日米修好通商条約を独断で締結し、その上御三家や一橋家に対して冷遇したため大きな反感を食らうことになります。この辺りは、篤姫で登場した場面と思いっきりかぶることから、その当時のことをまだはっきりと覚えている今では、複雑な思いで見ていました。

斉彬は高橋英樹さんのイメージが強く勝と会談しているときの風景に違和感があり、西郷吉之助は小澤征悦さんのイメージが強いのは自分だけではないでしょう。時代がかぶるドラマはもう少しだけ時期を離した方がいいのではないかと真剣に考えてしまいます。

このような政治的な流れのなかで、八重たちの状況がどのように関わるのか、今回はちょっと分かりづらいものとなりました。また、所々に登場する何かを暗示するようなもの、例えば白いネコだったり妖霊星だったりがあまりにも露骨だったのか気になります。こういうのはさりげなく登場させ、後になってこそっとネタがばれるようでないと、見ている方が押しつけられる印象となってしまいます。

次回は、あんつぁまの状況がまたちょっと変わったり、中央政界に激動が走ったりするようです。これによって八重の周りがどのように状況変化していくのか楽しみにしたいと思います。

◆八重の桜◆
滋賀県彦根市
 - 彦根城


八重の桜 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー

八重の桜 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー
価格:1,100円(税込、送料別)





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 綾瀬はるか, 山本八重, 西島秀俊, 西田敏行, 長谷川博己, 川崎尚之助, 綾野剛, 長谷川京子, 榎木孝明, 伊吹吾郎,