今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



9月30日は十五夜でした。日本では古来から、旧暦8月15日の満月を「中秋の名月」とし、お月見と称して楽しんできました。今でも「お月見」は秋の風物詩として、日本人に親しまれています。

その一日前となった29日の夜のこと。子供と夜空を眺めていると、子供が「ねぇ、お月様がお空に溶けそうだよ」と語ります。一体どういうことなのかと空を眺めてみると、薄い雲が満月を覆い隠してぼんやりとした月になっていたのです。その様子を彼は、「月が空に溶けそう」と表現したのです。

この感性は大人には決してないもの。心が洗われるような素敵な時間を彼のおかげで過ごすことができたような気がします。

月に関しては、先日も「お月様がおうちまで連れて行ってくれたんだよ」と感謝したり、「わぁ、おおきいねぇ」とただただ驚いてみたり。そんな子供と過ごす時間が何よりも嬉しい今日の頃です。

ちなみに、お月見は室町時代にまでさかのぼり、8月15日に月を神として崇める月見の習慣が始まりといわれています。今のような風流なひとときを過ごすというよりは、秋の収穫を前に豊作を祈願する厳かな行事という要素が強かったのです。

お供え物も今のようなお団子ではなく、昔は里芋でした。これは主食の違いによるものであり、今は米なので、団子と共に稲穂が供えられるのです。

このような四季の行事についてほんのちょっとした知識をもち、雰囲気を味わうことによって、何気なく過ごしていた一日がもっと趣のあるものになるのではないでしょうか。


【参考】新刊JP http://www.sinkan.jp/news/index_3015.html

日本のしきたり 冠婚葬祭・年中行事のなぜ?日本のしきたり 冠婚葬祭・年中行事のなぜ?
(2008/03/14)
ニューミレニアムネットワーク

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 十五夜, お月見, , 感性,

タイトルは平氏の代名詞とも思われがちな「平家にあらずんば人にあらず」。物語の中でこれを言いだし始めたのが、時忠であるとしています。今回のメインキャラとなった時忠は、完全に数年前の岡田以蔵を演じた佐藤健にかぶっていたような気がします。なんだか仕事人的な雰囲気を持って、逆らうものに鉄槌を下すというものすごい職業がこの時代にあったのだと改めて驚きました。

歴史の上では、このタイトルのような発言を清盛は直接していないということになっておりますが、物語の中では、そのような言動をしていることを時子から知らされた清盛は、国の頂きにたつということは時に必要な事もあるといって、事実上黙認しています。

これでは、ほとんど清盛が言ったのと同じこと。「平家にあらずんば人にあらず」は、平氏がその権力の上に悪政をしまくるというイメージがあり、あまりいい言葉として利用されませんが、実際には国を富ませるための様々な取り組みを行うための必要な手段とのこと。この思いと言動のギャップが激しく、周囲から見るとそのような思いを汲んであげることはできないでしょう。

その他は比較的小さな出来事がたくさんあり、全体としての印象は薄くなってしまっているのが残念です。兎丸の名案も尺があまり与えられず、それよりも政子と頼朝のシーンの方が時間的に多かったのではないでしょうか。強いて言うのなら、時忠と同等レベルということであれば後白河法皇でしょうか。

かれの言葉遊びですが、周囲もなんだか乗り気ではなく、仕方なしに実施しているまったり感が出ていて面白く見ることができました。食べたふりをするシーンなど、いかにも貴族というイメージ。その中で後白河法皇は、最後にいった人をそのまま食べることによって、自分が最も大きなものを食べたと示します。周囲は、後白河法皇に逆らえるものはいないので、当然参りましたとなるのですが、清盛はそうはいきませんでした。結局この二人は特別だということなのかもしれません。

次回は兎丸がメインをはることに。どういう展開になっていくのか楽しみにしたいと思います。


◆清盛紀行◆
京都府京都市
 - 鞍馬寺
 - 義経公供養塔






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 上川隆也, 松田翔太, 深田恭子, 岡田将生, 成海璃子, 森田剛, , 神木隆之介,