今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



2012年7月から焼き肉店などで一定の人気を誇っていたレバ刺しが禁止されます。きっかけは焼き肉チェーン店の食中毒事件であることは、記憶に新しいと思いますが、それでもレバ刺しが大好きな人にとっては、寂しい限りです。あまりにも名残惜しい人が前日に駆け込みで行列をなしてレバ刺しを注文したといいます。7月から違反すると最悪の場合、2年以下の懲役か200万円以下の罰金となるとのことなので、確実に出すお店はなくなるでしょう。

とはいっても、あの味を忘れることができないという思いを悶々としてしまうことも事実。その確実にある需要を捕らえようと、レバ刺しの味を忠実に再現した商品が今人気を呼んでいるといいます。それが、ハイスキー食品から売られている「マンナンレバー」という商品。

主な原料はこんにゃくであるにも関わらず、牛レバ刺しそっくりの味と食感を楽しむことができ、かつ食中毒の心配もないといいます。こんにゃくを短冊状にカットし、牛のレバーに似た色を付けて定着させ、たれとごま油をからめることで食感と味をレバ刺しそっくりに仕上がっているということで、食べた人は一様にレバ刺しに似ていると表現しています。

出荷も以前より10倍以上にものぼる人気商品になっているとのことで、確実にレバ刺し好きな人の取り込みに成功しているといいます。このように需要がありそうなものを、安全に忠実に再現することこそ、メーカ―としてはあるべき姿だと思います。食の安全が求められる今、本物のレバ刺しが安全に食べられる世界が望ましいのですが、その見通しが立たない以上、マンナンレバーの需要はこれからも一定数確実に残り続けるのではないでしょうか。

【参考】ハイスキー食品 http://www.haisky.co.jp/





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : マンナンレバー, レバ刺し, レバー, ハイスキー食品,

喫煙する人にとっては、たばこの値段は高くなるし吸う場所が少なくなってくるし、ますます来微意環境になりつつあります。自分はたばこを吸わないので、もっと厳しくなってほしいと思っていますが、愛煙家の人にとっては快適に喫煙する環境への需要はますます高くなっていることでしょう。

そんな愛煙家の方を対象として、有料の喫煙所が東京都内にできるといいます。今後3年間で36店舗まで増やす予定であるという有料喫煙所「いっぷく」に入るためには、PASMOなどの電子マネーをかざします。警備会社の監視システムを導入しているため、管理している人はいないといいます。

気になる利用料は、1回50円。1週間使い放題プランだと、500円でお得感が漂います。吸い殻は水が流れる配管に捨て、店内はたばこのにおいが残りにくいように芳香を放つ空気が循環されているそうで、たばこを吸う人にとっても快適な環境を提供しています。

サービスとして成り立つのは徹底的なシステム化による人件費の圧縮があるからこそでしょう。今、都内で禁煙となっているビルの出口付近では、多くの人が広がってたばこを吸っています。喫煙スペースを完全にはみ出した状態で吸っている人を見ると、マナーの悪さを感じてしまいます。

吸う人と吸わない人がともに気持ちよく過ごすために、上記のような有料喫煙所は大きな役割を果たしてくれるのではないかと期待しています。

【参考】日本経済新聞 2012年6月18日

喫煙と禁煙の健康経済学 - タバコが明かす人間の本性 (中公新書ラクレ)喫煙と禁煙の健康経済学 - タバコが明かす人間の本性 (中公新書ラクレ)
(2012/01/06)
荒井 一博

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : たばこ, 喫煙, 有料, 喫煙所,