今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



最近、会社の中を見渡すと家からコーヒーなど入れたマイボトルを持ってきている人を多く見かけるようになりました。その一人に聞いてみると、その方が安く抑えることができるという経済意識から多少持ち歩きが重くなっても、実践しているといいます。

今、環境省では水筒やタンブラーなどマイボトル・マイカップの使用を呼びかけて、ゴミや環境負荷を減らすことを目指す「マイボトル・マイカップキャンペーン」を実施しています。この運動では、「環境負荷を低減させるため」という理由だけで推進するのではなく、協賛してくれる企業から「何かいいこと」が提供される側面もあるということから、キャンペーンは広がりつつあるとのこと。

こうした状況を見てみると、改めて環境問題はそれを実践するモチベーションを、いかに身近な問題に落とし込むことができるかが重要な鍵を握っているかを再認識させられます。

人は地球環境が温暖化になり、今後の生活に支障を来す可能性が高いことを十分に認識しています。最近のとあるテレビでも、北海道の霧の名所である摩周湖付近で発生する霧の年間発生回数が減少している状況を温暖化によるものではないかと推測していましたが、数十年レベルで徐々に現れる事象でもあります。

しかし、それを危機的な状況だとして、自分たちが今得ている便利な生活をすぐに手放す動機に直結し、大多数の人が同じ方向を向くためには、もう少しだけ工夫がいります。それが、身近ないいことに結びつけるという考え方。例えば、スーパーでレジ袋を断るともらえるエコポイントのようなものがそれに該当します。

こういった、目の前にあるいいことを体験し、ちょっとだけいいことをした気持ちになれるとともに、お得でもある、さらにそれが将来的に自分たちの子供たちのためにもなるという流れを多くの場面で構築してあげることが求められているのです。

そういう意味で、「マイボトル・マイカップキャンペーン」は自分で持ち歩いているボトルやカップをお店で出すことによって、安くなったり、量が多くなったり、通常はない味を楽しめたり、といった特典を感じることができることから広がりを見せているのだと思います。

このようなお得の先にある環境負荷低減施策が、もっと他の分野においても広がるように仕掛けていければいいと思います。例えば、スーパーに容器持参で刺身やフライを購入したら増量してくれる、自転車や公共交通機関を使うとエコポイントが付く、といったものが挙げられます。こうした取り組みの向こう側に、多少不便でもみんなが納得して自ら行動できる世界が待っているではないでしょうか。

【参考】環境goo http://eco.goo.ne.jp/news/ecotrend/ecotrend_20110707_354.html

ネクスト マグカップ350ml ブラック

ネクスト マグカップ350ml ブラック
価格:1,512円(税込、送料別)





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 環境問題, エコ, エコポイント, マイバッグ, マイボトル, マイカップ, ,

前回の終わりに秀吉に、秀忠のもとに嫁ぐように言われて頑なに拒む江ですが、今回はそれが現実になっていくまでの様子を描いています。おそらくこの時代にあって、天下人の命令ともいえる言葉を拒むことなどできないとわかっていても、そんな秀吉に従うこと自体許すことができないという思いが一番強い江。

そんな江の説得に再び登場するのが姉の初でした。この方はいったいどのくらい暇なんでしょうか。何かと江や淀のもとにやってきては何かと世話を焼きます。きっと、これは脚本家のこだわりなのでしょう。市が最後に残した言葉の中で「初は三姉妹の仲をうまく取り持ってほしい」という願いがありました。それを忠実に実行している初の様子を描きたかったのでしょう。

初の説得にも耳を貸さない江の気持ちを変えてくれたのが家康でした。家康に自分のことが必要だと言われたのであれば、断ることもできません。こういう心のこもったセリフをこのドラマで見ることができるのは少しだけ意外な感じがして、北大路欣也さんの演技力を際立たせています。自分を必要としてくれるところに行くのは、双方にとっても幸せなこと。それをわかっているからこそ、江は嫁ぐことに決めたのでしょう。

嫁ぐために残る課題は、子供の完でした。完を連れて行くことができると信じていた江ですが、石田三成の進言によりこのまま残すことで話が進められます。萩原聖人さんはすごくがんばっているのですが、豊臣家のために行っているという信念をもう少し感じられる演技になってもいいと思います。思い通りにならないときの苦虫をつぶしたような表情を見ると、なんだか不自然に感じてしまうのです。

この完をおいていくという考えは最終的に淀の口から、江へと伝えられることになり取り乱します。この取り乱すシーンにこそ、母親の苦悩という今回最大の見せ場になります。子供から引き離される母親の気持ちは計り知れないものであり、どんな苦しみよりもつらいものの一つでしょう。その説得に淀が望みます。自分たちが今まで敵方で暮らしてきた苦しみを今後完にも与えるかもしれない。完は豊臣の人間であり、このまま居た方が幸せになれると。先の見えない幸せよりも、今ここにある幸せの方が大切なのでは、と少し「幸せとは?」という課題に悩んでしまいます。

最終的に、完を「姉上が命がけで完を守ってくれるのなら」と涙ながらに訴え、二度と会わないと決心して別れることにします。こういうここの動きがよくわかるシーンというのが、求めていたものではないかと思います。そういう意味で今回は、良かったのではないでしょうか。

徳川家に嫁いだ江は、秀忠と言いたいことを言い合って同じ方向を向くようになったら、夫婦になろうと言われむかついているのですが、この秀忠の言葉は実は相手のことを思いやっている発言なのではないかと思います。それに気がつかない江が幼いのか、うまく表現できない秀忠が大人になれていないのか。いずれにせよ、いつかはうまくいくと予感することができます。なので、そこまで最悪ではないと思うのですが・・・。

次回からは、少しずつ時代は動いていく感じがします。すでに残り4ヶ月と3分の1となりましたが、ここで何が話の中心になっていくのか楽しみに待ちたいと思います。

◆江紀行◆
静岡県浜松市
 - 天竜川
 - 二俣城跡
 - 信康廟(清瀧寺)
 - 中村家住宅
 - 浜松城跡
 - 浜松城二の丸跡
 - 秀忠誕生の井戸





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 上野樹里, 宮沢りえ, 岸谷五朗, 萩原聖人, 向井理, 北大路欣也, 草刈正雄, 水川あさみ, 栗本有規,