今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



ピノッキオ

川崎の新百合ヶ丘で開催された川崎・しんゆり芸術祭「アルテリッカしんゆり」では、音楽コンサート、ライブ、舞、ミュージカルなど様々な催しが開催される周辺では最大規模のイベントの1つとなっています。幼稚園の紹介でパンフレットをGETし、子供に見せたところミュージカル・ピノッキオを観たいというので、2週連続してミュージカルに出かけることにします。場所は、川崎市麻生市民館ホール。

到着するとすでに多くの人が列をなしていて、熱気にあふれています。子供も久しぶりの外なので大はしゃぎで広場を駆け回ります。市民館のホールの中に入ると、8割くらいの客入りでかなり人気作品だとわかり自分も奥さんも少し期待が膨らんできます。子供も静かに席に座って待っている様子を見ると、本当に子供も成長したなと感じます。少し前までは席に座らせるだけで一苦労で様々なアイテムを用意しなければならなかったのに、そんなことをしなくても「楽しみだね」といいなかがら、幕をじっと見つめています。真剣だなと思ったら、「パパ、あそこに何銀行って書いてあるの?」という質問。「川崎信用金庫だよ」と答えつつ先行きが不安になりながら開演です。

物語は、今まで絵本の中で登場したピノッキオのお話。おじいさんがピノッキオを作るのですが、いたずら大好きなピノッキオはおじいさんのもとを離れ、様々な所に出かけていくのですが、心のどこかには必ずおじいさんへの愛情がありました。そんな根底となる気持ちを所々で出しているからこそ、憎めないキャラクターになっているのでしょう。

劇団の方は、かなりこういった子供たち向けの演技になれているようで、セットの作成や場面の切替えなどがスムーズで自然な形で進んでいきます。パンフレットによると、45年の歴史を持つ劇団飛行船での「ピノッキオ」の初公演は1973年で、海外公演を含めた通算ステージは1000回を越えるというのですから、このマスクプレイ・ファンタージは完成の域に達しているのでしょう。ダンスシーンもすごくうまくて、子供もそれを見ながらニコニコしています。見せてあげて良かったなと思える瞬間でした。

前半と後半で45分から50分と小さな子供には少しだけ長いインターバルではありましたが、大人の自分としてはピノッキオの印象がすごく変わり、面白い話だと改めて感じることができたミュージカルとなりました。子供の心にどこまで届いたのかはまだ分かりませんが、いつの日かしっかりと分別が付くようになったらもう一度見せてあげたい作品だと思います。





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : アルテリッカ, しんゆり, 新百合ヶ丘, 川崎, ミュージカル, ピノッキオ, 劇団飛行船,

毎日通勤に電車を利用していると色々なことが自分の周りと自分に起こります。狭い空間の中で知らない人同士が同じ空間にいるのですから、多少なりとも緊張する場所といえます。そんな場所で人と違うことをしてしまうと、気まずい雰囲気を感じてしまうのは誰にでも経験あることではないでしょうか。

そんな電車内での気まずい経験についてgooのランキングで紹介されていたので、見てみたいと思います。


<電車内で気まずいことランキング>
1位: 空席に座ろうと小走りで向かったが別の人に座られた
2位: 居眠りをして体がビクッとしてしまった
3位: 駆け込み乗車をしたら、車内アナウンスで注意された
4位: 乗り過ごしそうになって席を立ったらドアが閉まってしまった
5位: それほど仲が良くない知り合いに会ってしまった
6位: 席を譲ったら断られてしまった
7位: 大荷物で満員電車に乗るとき
8位: お腹が鳴ってしまった
9位: 発車間際で一度ドアに挟まれてから乗ったとき
10位: ボックスシートで自分以外は友人同士


これを見ると、どれも頷けるものばかり登場していて自分がもしそれを経験していたら気まずい状況になるだろうなと容易に想像することができます。見事1位を獲得した空席の奪いあいですが、一瞬二人とも引くのですが問題はその後。どうしても座りたいという執念を持っている方がGETすることになり、負けた方には若干の悔しさを持ちながら場所を移動せざるをえなくなります。電車内はみんなの「座りたい!」という欲望で埋め尽くされているものですが、その様子はなるべく表に出さないのが大人の乗車マナーだと締められています。

2位の体がびくっとするのは立っている時の方が強烈でしょう。膝がかっくんとしてしまい、それを意図的にやった行動だとごまかすために軽い屈伸をしたり、周囲の目が恥ずかしいのでまた寝たふりをしたりするのは常套手段でしょう。座っているときにびくっとなる現象は「ジャーキング」と呼ばれるもので、無意識におこる筋肉のけいれんの一種だといいます。

4位、5位ともに自分もよく経験します。乗り過ごしてしまってうまく降車駅で起きたところまではよかったのですが、なぜかいつもドアが閉まる寸前。飛び起きて降りようとするとするもすでにドアは閉まっています。もとの席に戻ることも恥ずかしいのでドアの前に立ったまま次の駅までがすごく長く感じてしまいます。

このように、電車は気持ちがよくなってしまいうとうとしたりしてついいつもの自分が出てしまう場所でもあります。誰も知らない場所で素の自分を出してしまう恥ずかしさを感じてしまうのは、お互い様といえます。自分も他の人が気まずい状況になったときには、温かく見守ってあげることにしたいと思います。

【参考】
・gooランキング http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/17695/

子どもはなぜ電車が好きなのか―鉄道好きの教育“鉄”学子どもはなぜ電車が好きなのか―鉄道好きの教育“鉄”学
(2011/02)
弘田 陽介

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 電車, マナー, 気まずい,