今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



夏の足音が聞こえてくる頃、早く海に行きたくてうずうずしている人も多いのではないでしょうか。その海水浴に関して効能や方法、欧州での現況などが書かれた日本最古の文献が発見されました。その文献は適塾で知られる緒方洪庵の次男で、陸軍軍医監を務めた緒方惟準たちによって1874年に書かれたものになります。

その記事は、「海水浴」という題名で「海水だけでなく、波動や新鮮な空気、遊泳などの運動によって効果を現す」とし、海水浴が慢性皮膚病、神経病など多くの疾患に効能があるとしています。後に緒方惟準が知人にこの記事を以下のように紹介しています。「明治7年に相州七里ヶ浜で海水浴を行い、西洋海水浴法と効能を朝野新聞に寄稿した。以来、海水浴場が各地に設けられるようになった」

自分たちはあまり普段海水浴を健康のためというふうにあまり考えることはないと思いますが、その当時海水浴に馴染みのない人々に「海水浴っていいな」と思わせるには、こういった効能についてしっかりと訴求しないといけなかったのかもしれません。

しかし、これだけでは七里ヶ浜が発祥の地という根拠には乏しいという印象ですが、記事にはさらに続きがあります。「海水浴の効能を知る人はとても少ない。私たちは論文を書くことはもちろん、これを手始めに海水浴を広めることにした。(中略)海水浴場を設け、病気を治し、健康を守ることこそ私たちの願いだ」とあるのです。

これまで明治10年代に海水浴場が設けられた大磯町や岡山県倉敷市などが海水浴発祥の地といわれてきたのですが、上記のような参考文献から鎌倉・七里ヶ浜が発祥の地として名乗りをあげてもよさそうです。

鎌倉には多くの浜があり、その中で七里ヶ浜という場所をなぜ選んだのか、詳しいことは分かりませんが、サーファーで賑わう七里ヶ浜が明治時代から人々に納涼を提供していたかと思うと、なんとなく感慨深いものがあります。

【参考】YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100627-OYT1T00028.htm

地図で歩く鎌倉江ノ電 (JTBのMOOK)地図で歩く鎌倉江ノ電 (JTBのMOOK)
(2009/05/09)
不明

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 鎌倉, 海水浴, 緒方洪庵, 緒方惟準, 七里ヶ浜, 発祥の地,

海軍操練所が閉鎖され、勝麟太郎が解任させられてしまい、またもや行く当てがなくなってしまった龍馬たちは、勝先生の最後のお言葉をいただきます。それは、自分自身はもう先頭をきって世の中を動かしていくような脱藩者にはもうなれるほど若くはない、これからは龍馬たちが日本を変えてくれということでした。

きっとこの場面を見たほとんどの人が、金八先生を想像したのではないでしょうか。みんなから「先生」と呼ばれて武田鉄矢も思わず長年の役を演じてしまったのはないでしょうか。完全に龍馬たちが中学3年の生徒たちで、説得を受けているように見えてしまうのですから、いかに武田鉄矢という存在が大きなものであるかを感じざるを得ません。この先も多くの武士の心を正しい方向で導いてくれるのではないかと期待してしまいます。

海軍操練所がなくなってしまうことは、龍馬や長次郎、陸奥たちの今後が真っ白になってしまうことを意味していました。次々と自分の藩へと戻っていく操練所のメンバーですが、彼らは脱藩していることから戻る先がありません。仕方なしにこれからどうするかも含めてみんなでどこかに向いながら決めようとしていました。彼がらはどこに向かうのでしょうか。ここまで有能なメンバーなのですから行き着いた先でその実力を発揮するとは思いますが、問題はどこに行き着くか。楽しみにしたいです。

その行き着く先の有力候補の1つが今回から本格的に登場した西郷吉之助がいる薩摩藩でした。篤姫で登場した小澤征悦さんのイメージがまだ消えていないところに、今回登場したのが高橋克実さんでした。これによって今までよりも少し策略的な印象を持ってしまいますが、その通りで龍馬と話をしていてもその話とは裏腹に何かを隠し持っているような感じの演技となりました。

龍馬と西郷の話の中で登場した少し偉そうな人が小松帯刀でした。西郷のことを「吉之助」と呼び捨てにしているところも瑛太さんが演じていたものとは異なっている感じがします。歴史としてどちらが正しいかはともかく、前回から期間があまり経っていない時に同じ配役を別な俳優にするのは、控えた方がいいかもしれません。

そして、毎回弥太郎と武市半平太の状況をしっかりと自分たちに教えてくれるのが今回のドラマの特徴といえるでしょう。前回予想したとおりやっぱり、武市からもらった毒饅頭を以蔵に渡すことができなかった弥太郎。その渡し方や取り上げて自ら止めさせる方法は、まるでデジャブを見ているかのような気持ちになったのではないでしょうか。そうです、これは龍馬を毒殺しようとした時と全く同じなのです。お喜勢には、人殺しをするなといわれ、弥次郎には楽にしてやれという家族の考えはそれぞれ思いは分かるのですが、弥太郎としては余計苦しむことになったのでしょう。最後はやっぱりオヤジではなくお喜勢の考えを選んだのです。

でも、良かったのかもしれません。手を汚してしまうと、自分の気持ち的に何かを抱えながら生きてしまうことになりますし、誰かにいつとがめられるかも分かりませんから。この弥太郎のきつい仕事もそろそろ終わりを迎え、自分がやりたい商売に専念することができる日も近そうです。

激動の第2部もあと2話と迫って参りました。龍馬のadventureはどのような方向に向かっていくのか楽しみにしたいと思います。

◆龍馬伝紀行◆
高知県高知市
 - 五台山
 - 高知県護国神社
 - 山田町獄舎跡
 - 薫的神社
 - 岡田以蔵の墓





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 香川照之, 坂本龍馬, 福山雅治, 龍馬伝, 武田鉄矢, 大森南朋, 佐藤健, 大泉洋, 高橋克実, 西郷吉之助,