今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



そうめんや

子どもの頃、すごく楽しかったこと、美味しかったもの。そんないい思い出はたくさんありますが、なぜかそういったものに対して親はやり過ぎることを警戒し、途中で止めるように言われた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。例えば、ビックリマンチョコの1日の食べる量、ヤクルトを飲む本数、ゲームをする時間など。こういった「もっとやりたい!」という欲求は大人になって何でも手に入れることができるようになると「大人買い」という形で爆発することになります。

そんな子どもの頃にもっとやりたかったもののひとつとして流しそうめんが挙げられます。子どもは決まって流しそうめんの末端に位置することになり、上からは兄や姉、親がそうめんをすでにとってしまうため下には水しか流れてきません。その苦渋を味わってきた弟や妹、そして子どもたちが大人になり「思う存分流しそうめんを楽しみたい」と思う気持ちが爆発するのは当然のことのように思います。

しかし、ここで考慮すべきなのは流しそうめんはなかなかひとりでできないことにあります。山から竹を切ってきて節を削ってレールを敷き、そうめんを用意するまでする人はおそらくいないでしょう。大切なのは子どもにはなく大人になるとある財力にものをいわせて大人買いすることによって実現できることにあります。その大人の夢を実現させてくれたのがバンダイの「流しそうめん そうめんや」です。

組み立て式の流しそうめんは8400円という高額な商品にも関わらず、大人の夢を確実に実現してくれるのです。このそうめんやには大きく4つの特徴があります。以下にその特徴を示します。

1.流れ出る水を受けて水車がクルクル回る。
 →流しそうめんの風情と涼やかな雰囲気をここから感じることができる
2.そうめんをうっかり取り損ねてもざるがしっかりキャッチ
 →大切なそうめんの再利用も可能なので安心
3.トンネルカバーは、裏返すと薬味入れとしても利用可能
 →意外なサプライズに思わずうっとり
4.専用の収納袋がついているのでお片づけも簡単
 →これでどこでも流しそうめんを。なんなら会社でも可

商品を説明するための絵では、家族団らんで流しそうめんを楽しんでいますが、それは完全に無視してOKです。子どもの頃の苦い思い出が蘇ってくるという人はむしろひとりで存分に楽しんだ方がいいかもしれません。去りゆく夏を粋な流しそうめんをしながら風流に過ごしてみてはいかがでしょうか。

【参考】バンダイ
http://www.bandai.co.jp/releases/J2009040901.html

クックジョイ 流しそうめん そうめんやクックジョイ 流しそうめん そうめんや
(2009/04/18)
バンダイ

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : そうめんや, 流しそうめん, バンダイ,

スイカ

バイオ燃料は、これまでトウモロコシに始まりイネや麦など実に様々な種類の農作物を使って実用化、もしくは実用化に向けた取り組みが行われてきました。まだ実証実験段階であるものが多いのですが、日常的に存在する植物を手軽にバイオ燃料にすることができる世の中になれば、これほどすばらしいことはありません。そのためには季節ごとにバイオ燃料にすることができる農作物が供給され続けることが重要なポイントとなります。

その季節感たっぷりな作物としてスイカが挙げられます。スイカをバイオ燃料にしてしまおうと考えたのはアメリカ政府機関であり、その最新の研究結果によると出荷されずに捨てられるスイカの果汁が、バイオ燃料エタノールの原料となりうるというのです。スイカの皮であれば十分味わってからバイオ燃料へと返信させることもできるのですが、残念ながらおいしい部分もエタノールにする必要があります。

アメリカ農務省農業研究局に所属する化学者ウェイン・フィッシュさんによると、もともとの発想として毎年たくさんの規格外のスイカが捨てられている状況を見て、エタノールにできないかと考えたところから始まったそうで、150トンから250トンのスイカから215リットルのエタノールを作り出すことができるといいます。スイカ1個が約1キロだとするとそこから1ミリリットルすら摂ることができない計算になるので、一般の家庭で作り出そうというのは採算が合わないのでやめておいた方がいいかもしれません。

課題として「スイカは重い」ということが挙げられます。スイカを集めて処理施設まで運んでいたのではどう考えても採算が合いません。そこで移動式の醸造装置を開発し各地を回りながらエタノールを製造していく方法をフィッシュさんは考えているそうです。この移動コストがどの程度で済むのかによって実現性が大きく変わってきます。

さらに気になるのがこのエタノールの味でしょう。すごく甘くておいしい気がしますが、その辺もさすが化学者フィッシュさんです。きちんと実験していて、そのコメントとして「死ぬことはないが、とても飲めたものではなかったよ」という素敵な言葉を残しています。もともと飲むものではないので、味を追求してはいけません。まさに二兎を追う者は一兎をも得ずです。

このようにまだまだ実験段階ではありますが、様々な種類の作物などで同一の方法でエタノール燃料を作成することができるのであれば、これほど大きな成果はないのではないでしょうか。今はその試行錯誤のタイミングにあるのです。実験結果からすぐに一喜一憂するのではなく、時をかけじっくりと成功に導いて欲しいと思います。

【参考】NATIONAL GEOGRAPHIC
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=25611746


送料無料!一般市場では入手困難な高糖度“王族献上の最高級”鳥取スイカ!スイカの名産地・鳥...



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : スイカ, バイオ燃料, エタノール, アメリカ,