今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



とうとう2008年も終わり、いよいよ2009年に向けてカウントダウンを切りましたね。これまでやらなかったところもきれいに掃除をして心新たに新年を迎えることと思いますが、面倒くさがりやの人はまた来年やればいいやとすでに遊びまくったりして、放置している人も多いのではないでしょうか。自分も昔はそうだったのですが、この「いつか」というのは実は永久にやってこないんですよね。やるぞ!と思ったときに一気に片付けてしまうのが一番だと思います。まだ掃除をしてない人は新年早々新たな気持ちで掃除をしてみてはいかがでしょうか。

そこで、今回は掃除力を身につけるための10個のコツをご紹介しましょう。

1.まず物をどける
 掃除をしようとする場所から物をどかします。もちろん日ごろからの整理整頓を行っているに越したことはないのですが、ここではそれについては触れないこととします。

2.1ヶ所に集中
 プロでも台所、風呂場、部屋などそれぞれの場所で2時間はかかるといいます。一つの場所ごとに集中しましょう。決して同時進行して時間短縮などと思わないでください。

3.日の当たる場所は明るいうちに
 窓など日の当たる場所は明るいうちに行いましょう。電気の明かりでは汚れがわかりにくくなることがあります。

4.基本は上から
 掃除の達人である松居一代さんも同じことをおっしゃっています。ホコリなどの汚れは上から下に落ちるので、下だけ掃除しても無意味になってしまいます。

5.水がないと作業は早い
 これは意外かもしれませんが、いきなり濡らすと汚れを広げるだけになってしまいます。乾いた汚れは乾いたまま、ブラシと掃除機で吸い取ります。

6.ガンコな汚れは緩ませて
 油汚れは重曹を入れたお湯につけ置きすると、緩んで落ちやすくなります。

7.「湿布法」で洗剤を浸透させる
 ティッシュペーパーをこより状にして湿布し、汚れに洗剤を浸透させる。いわゆる松居棒ですね。

8.キズをつけない
 表面にキズをつけると汚れのもとになります。まずはスポンジなどでやさしく洗いましょう。

9.面はスポンジ、隙間はブラシ
 細かい隙間には古歯ブラシなどを利用します。水まわりなどの広い面にはスポンジが大活躍します。掃除する場所によって道具をうまく使い分けましょう。

10.ぞうきんは手のひら大に
 タオルなら3回たたんで手のひらサイズにします。そうすると裏返して使っていけば16面も使うことができるのです。
 
これで、掃除をするための頭は出来上がったと思います。問題はここからいかに実践するかどうかにかかっています。まず手始めに身の回りからはじめてみると、なし崩し的に全体の掃除も出来るでしょう。はじめから全部をやろうとは思わないで徐々に進めていくのが大切だと思います。

【参考】日経Plus1 12月27日



元祖「松居棒!」手を汚さず家中ピカピカ!松居一代さん考案の<マツイ棒>不織布:24枚



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 松居棒, 松居一代, 大掃除,

新年を迎えると、一番の楽しみがおせち料理ですよね。そのおせち料理を食べるのに使うおがいつも使っているものではなく、白木のがでてくることはありませんか。両方ともに使えるようなで、祝い箸とよばれていますのですが、これは無事に新年を迎えた感謝の気持ちを神様にあらわす神聖なものだそうです。の一方は自分が、他方は神様が食べるためのもので食べ物を分かち合うという意味があります。材質としては、ヤナギやスギ、ヒノキが主に使われるそうです。

この祝い箸ですが、水引が付けられた袋に入っていてそこに名前を書くのが通例だそうです。そして、その名前の書いた箸を七草粥の7日まで使うたびに洗い、それぞれの箸袋にまた戻して使うのがしきたりとなっているとのこと。こういったしきたりの背景には、日本人の箸信仰が根底にあると箸勝本店の山本権之兵衛社長は言います。毎日食事のたびに口に運ぶ箸には使った人の魂がこもり、1年間で使った箸は大晦日で役割を終え、新年に新調してきたそうです。さらに、古い箸は誰かに使われないように寺社の境内や峠に埋めて密かに捨てたといいます。

このように、古くからの考え方が強く根付いた箸ではありますが、日本人と切っても切れない関係にあることは確かです。大切な食事を食べさせてくれた箸に対して、少しだけ考えてあげる日があってもいいですよね。現在では8月4日に「はしの日」として箸を供養するところもあるそうです。心新たに迎える新年において、新しい箸を使って気持ちをリフレッシュするのもいいかもしれませんね。

【参考】日経Plus1 12月27日


縁起の良い純金箔貼りのお箸!普段使いで豪華に☆お祝い事で華やかに★夫婦箸 華おぼろ(緑)【...



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 祝い箸, ,