今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



boots

寒いからブーツがいいけど走りにくい。

だから温かいブーツスニーカーをつけてみたらどうでしょう?

すごい発想です。考えつく人もすごいけど、それを製品にしちゃってるところが普通じゃないですね。その名も、「L-BOOTSエルブーツ)」

ブラジルのスポーツ用品ブランド「トッパー」の製品で最近の流行をふまえ、街歩き向きのローカット・スニーカーを、ロングブーツのようにひざ下まですっぽり覆うようにデザインした靴です。

見た目はほとんどブーツなんですが、素材はスニーカーに使用されるキャンバス生地で軽く走れてしまいそうな感じです。寒い日に朝ギリギリのダッシュをしている女性にはお勧めといえるでしょう。

是非検討してみてはいかがでしょうか。ちなみに値段は12390円。

これを高いととるか、安いととるか。

どうせなら、ドクター中松のジャンピングシューズもこれにくっつければもっと早く走れたのに。残念です。



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : L-BOOTS, エルブーツ, ブーツ, スニーカー, トッパー,

嬬恋

今日、1月31日は愛妻の日だったそうです。

こんな日を提唱しているのは、群馬県嬬恋村に本拠を置く日本愛妻家協会。1月31日の「1」を英語の「I(アイ)」、「31」を「サイ」と見立てて、「愛妻の日」と呼んでいるみたいです。

協会では3年前から、「愛妻の日」に早く帰宅して妻に愛や感謝の気持ちを伝える「男の帰宅大作戦」を展開しているほか、嬬恋村のキャベツ畑で妻への愛を叫ぶ「キャベツ畑の中心で愛を叫ぶ」といったイベントを実施しています。

協会の人によると、
「日本人は『愛してる』の一言や感謝の言葉を奥さんに伝えにくい、と言われています。私たちの協会は世界中から取材を受けていますが、海外の人は『日本人は奥さんを大切にするはずがない』と思っているようで、日本に『愛妻家協会』があると知ってびっくりしています」

「世の中の夫婦がみんな仲がよいというわけではないし、ふだん夫の側から妻に愛や感謝の言葉を伝えるのはなかなか難しい。だから愛の言葉を伝えるきっかけとして、いろいろなイベントを『社会実験』として企画してきました。これからも言葉を伝える機会をつくって、夫婦間で会話が増えるきっかけとなれば、と思っています」
いいことをいいますね。嬬恋で提唱しているのは「妻」「恋」だからなんでしょね。

自分も今日は早く帰って、料理なんぞしてみました。

少しは役に立てたみたいです。




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 愛妻の日, 嬬恋,