ドラマ

ここでは、「ドラマ」 に関する記事を紹介しています。





歴史に名高い長篠の戦いが始まります。援軍のはずの信長が提案した策は鉄砲隊を組んで戦国最強の武田軍をいっきりにやっつけるというもの。主導権が完全に信長にあるということで不満を漏らす家臣達ではありましたが、結果的にこの作戦によって織田・徳川軍は武田軍に完全勝利となります。

この辺りの結果はほとんどの人が把握している内容だとは思いますが、その戦の中で直之と六左衛門が不足していた材木を調達したことによって信長からご褒美をいただくことになります。ちょい役で登場した近藤もこれに対して、寺に寄進すると言いだしちょっとした騒ぎになるところが微笑ましくもあります。

しかし、お約束ではありますが、信長役というのは、どうしてこう毎回ステレオタイプなのでしょうか。今回もご多分に漏れず異端児的な雰囲気を前面に出した演出となっています。ここで一般人的な雰囲気で登場したら新しい信長像をつくることもできるのではないでしょうか。

ほぼ主人公になっている万千代ですが、家康から細かい動きを観察していただき小姓に上がることができる様子。これによって一段と様々な目でみられることになると思いますが、どのように乗り越えていくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県新城市
 - 設楽原決戦場





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 井之脇海, みのすけ, 菅田将暉, 阿部サダヲ, 六角精児, 市川海老蔵, 田中美央,



草履番の仕事を徐々に極めていく万千代と万福のもとにやって来たのは直虎と松下常慶の2人でした。松下としては井伊の再興を願って出て行ってしまった万千代のことを許さないと初めはいっていましたが、松下源太郎の大人な対応によって丸く収まります。源太郎の言動は本当に見るものに癒やしと勇気を与えるなと感じました。

井伊家を再興することによって、先祖代々の人々周辺にとっては喜ばしいことなによりだったのですが、一方で松下や近藤といった利害関係のある所から見ると必ずしもメリットとは呼べませんでした。それでも、家康の先見性を感じた直虎は万千代に将来を任せることに決めます。

万千代によってそういうターニングポイントとなった重要な回になったのではないでしょうか。徐々に直虎の影響力が少なくなってくるのですが、万千代たち後に続く人々にどれだけ残していくことが出来るのかが大切になっていくのだと改めて感じました。

■直虎紀行■
静岡県浜松市
 - 松下屋敷跡






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 井之脇海, みのすけ, 三浦春馬, 菅田将暉, 貫地谷しほり, 阿部サダヲ,