ニュース

ここでは、「ニュース」 に関する記事を紹介しています。



SNSサイトなどでよく自分を撮影したものがアップされていますが、そのほとんどが自分の方にカメラやスマートフォンを向け、シャッターを押せる状態でそのまま腕を伸ばしてOKになったら撮影するという方法がとられています。しかし、腕が映ってしまったり表情が若干ゆがんでしまったりとどうしても自然体を演出することが難しいといえます。

そんな自撮り写真を強烈にサポートしてくれるアイテムが巷で密かに流行っているそうです。それが「セルカ棒」というもの。棒というだけあって、見た目は棒なのですが先端にスマートフォンやカメラを取り付けることができ、棒の長さは伸縮自在という優れもの。これで自分よりも上から目線(!?)や大人数での撮影も簡単にすることができるのです。

簡単にいうと高枝切りばさみをイメージすればいいのですが、相手を危険にさらすことなく安全に記念撮影することができるということからも、セルカ棒の方に軍配が上がるでしょう。

それにしてもこのネーミングはどこから来たものなのでしょうか。ルーツは韓国で日本に来て和製英語によって作られたネーミングだそうです。セルフカメラの略で日本の芸能人でも使う人が出てきて、高校生などの若者を中心に、少しずつ話題になりつつあるようです。

残念ながら最大のネックは手ぶれが大きくなる可能性があること。現在無線で撮影できるタイプも出始めているようなので、セルフタイマーにはない利便性が高まることを期待するばかりです。

(参考)withnews




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : セルカ棒,

通勤途中、コンビニのガラスに映った自分の横向きの姿をみて愕然としました。

猫背で歩いている自分を見てしまい、こんなに曲がっているのかと驚き慌ててそこからしばらく背筋を伸ばして歩いてみるのですが数百メートル歩いたところでもの凄く疲れるのです。

猫背によって肩こりや腰痛の原因になるだけでなく、調べてみると内臓疾患など恐ろしい病気になる可能性を持っていることが分かります。

猫背を治すことによって、そういった体の悩みが解決するだけでなく空腹時のお腹のぐーっとなる音を軽減することができるという実にライトな付加的効果を得ることだってできるのです。

まるで良いことだらけのように見える猫背ですが、いつもそんな猫背状態の自分の姿を見つめることもできません。いつでもこの状況はまずいと思わせておく何かシンボル的なモノを探し求めていたのですが、ついにそれを発見しました。

それが、バンダイが発売したデスクトップフィギュア「猫背」。1回200円のガシャポンで手に入れることができ、ラインナップは12個あるそうで、猫背のネコが8つで、猫背を克服した師範代ネコが4つだそうです。

猫背
こちらの商品は ガシャポン ガチャポン ガチャガチャ等の カプセル TOY フィギュア 商品です 誕...

とりあえず今の自分に必要なのは、この実にシュールな猫背になったネコのフィギュアでしょう。

今までいそうでいなかった猫背のネコをいとも簡単に現実の世界で提供してくれるバンダイに感謝しつつ、目的のフィギュアを手に入れることが本来の目的にならないように気をつける必要がありそうです。

(参考)Excite http://www.excite.co.jp/News/bit/E1402986585569.html




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 猫背, バンダイ,