今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



下の子どもが無事に2歳の誕生日を迎えました。

抱っこしていて、本当に重くなったなと感じ笑顔で走り回る姿を見ると、嬉しさがこみ上げてきます。

誕生日祝いにチョコレートケーキを買ったのですが、あまりお口に合わなかったのか、初めの一口で止めてしまい、その後は最近牛乳をせがみます。

よく冷蔵庫に行き「にゅーにゅー」とせがむのですが、カップのことも「にゅーにゅー」となるので、あまり区別はされていないようです。

その他、最近はよく話すようになり、時計を見つけると指を差しながら「とけい、とけい」と話します。

時計を買いにいったのですが、彼は満面の笑顔で、「とけい、とけい」と言いながら至るところにある時計を指差していました。

下の子どもは色々と上の子どもと比較されることが、これからもあると思いますが、自分は彼は彼なりに自分のペースで元気に成長してくれたらそれでいいと思っています。

改めて、これからもよろしくね。



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 2歳, 誕生日,

4歳の誕生日

いつも自分たちに笑いと感動を与えてくれる子供が4歳になり、ささやかではありますがパーティーを開くことに。

用意したものは、先日出かけた富士山近くになったファミレス「藍屋」で購入した青森県三沢市にある小向製菓の「アップルクーヘン」。青森県産のリンゴを丸ごと1個をシロップに漬けこみ、新鮮たまごをたっぷりと使ったバウムクーヘン生地をやさしくかけながら、一層一層丁寧に焼き上げたという一品で、リンゴ好きの子供にはもってこいでした。

いつもように、ろうそくを用意し自分で火をつけたいというので、一緒につけて点火も完了。奥さんが家中のろうそくを持ってきてくれ、ろうそくの数は年齢である4本を超えてしまいますが、自分たち3人は「数が多い方が何となくいいよね」というアバウトさを発揮。

ここから、ハッピーバースデーソングを歌うまでの流れは、子供が誕生日以外でも幾度となく予行練習(?)をしてきたこともあり、驚くほどスムーズに事が進みます。

しかし、子供はいつもの「ハッピバースデー トゥー ユー」という音楽ではなく、「誰にだって素敵な日」で始まるしまじろうの曲がいいと言い出します。あまり最後まで自信を持って歌えない事もあり、説得の末いつもの曲に落ち着き、無事にセレモニーは完了しました。

アップルクーヘンは、なかに入っているリンゴシロップが冷やしていたこともある本当に冷たくておいしいのです。あっという間になくなってしまいました。

子供の成長は本当に早いものだと実感します。ついこの前までよちよち歩きだった子供が、今では自分の意見を述べたり、逆に親に注意したり、その日にあった出来事を報告したりすることができるようになったのです。

大人の年月の進み方よりも、何倍も早く感じます。来年は、どんな家族でお祝いができるのでしょうか。それを考えると楽しみで仕方ありません。

今年一年が、彼にとって素敵で健康な一年になりますように。

親としての切なる願いです。






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 誕生日, 4歳,