今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



1年間視聴率や絵が悪いなどと言われて評判は低迷していたこの番組ですが、個人的には昨年の江と比較すると素晴らしい出来であったと思います。大河ドラマに対しては見る人の評価も厳しくみんなが合格点を与えることはないのが現状であり、こうあって欲しいという理想は人それぞれです。その中にあって自分は平清盛という人物がどのような人物なのか、それを把握し平氏という一門がどのように繁栄、そして滅亡へとつながっていったのかを知りたいという思いから1年間楽しんできました。

結果として、清盛自身を白河院の子供であり物の怪であるという設定には若干の違和感を感じながらも、その後に描く武士の世を作り上げるために多くの努力、そしてライバルの思いを胸に抱きながら突き進んでいった様をしっかりと脳裏に焼き付けることができたと思います。最後は、その志が途中になってしまいそれを頼朝に託して亡くなっていくのですが、この辺りの史実にはない「思い」を描くのはありだと感じます。この辺りを感じる事が出来るのが大河ドラマの醍醐味なのではないでしょうか。

清盛が亡くなって以降の描き方は少し残念な感じがします。清盛の遺言といいつつ西行が登場するのですが、そのほとんどは松山ケンイチさんがずっと語っていました。これでは亡くなったのではなくなってしまいます。最終回の多くの場面で利用されたこのシーンは、西行が淡々と語ってもよかったのではないかと思います。

先日同じNHKの歴史ヒストリアで平知盛について語られていました。彼は、清盛が亡き後も勇ましく戦い、一時は平氏に勢いをもたらすことになったとしています。勇壮に戦い平氏を率いた知盛も壇ノ浦で海の底に散っていきます。清盛の後にどのように平氏は滅亡に至ったのか、そして最後の戦いである壇ノ浦の戦いについては、軽い描写で終わっています。壇ノ浦の戦いを描くとなると、大変であり本筋とは異なるということだったのかもしれませんが、あっさりと終わってしまったのも残念でした。

最後に頼朝は、自分の世の中でしっかりと清盛の思いを継続させ武士の世を完成させることができたのでしょうか。その答えは歴史が教えてくれています。物語の中ではあまり多くを語っておらず、足利幕府の世で完成したと言っていましたが、清盛が礎を築いた武士の世は確実に身を結んだということであり、見る側としても報われたなあと感じます。

全体的には、上手くまとめられて清盛を描くことができた番組でした。時代自体が馴染み薄く視聴者の関心をえるには至らなかったのでしょうが、作品としては松山ケンイチさんも言っていたように、いい内容だったと思います。

来年は再び幕末の世、綾瀨はるかさんが主演を演じる八重の桜です。新島八重の一生を描いた作品で女性主人公は江の時以来となります。前回があまりいい印象でなかったので、次回は期待したいと思います。

◆清盛紀行◆
山口県下関市
 - 赤間神宮

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
(2012/11/21)
松山ケンイチ、玉木宏 他

商品詳細を見る
NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集
(2013/03/06)
松山ケンイチ、玉木宏 他

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 上川隆也, 岡田将生, , 藤木直人, 深田恭子, 松田翔太, 神木隆之介, 青木崇高,

来週から始まる決戦を前に、ほんのちょっとだけ狭間の回になった今回のポイントは、なんと言っても平家の没落でしょう。顔も急激によぼよぼしてきて年齢相応になった清盛の前には白拍子が次々とやってきます。まずは祇王と祇女。この2人の舞に清盛は心が奪われ、見た目的には完全に若い子で遊ぶ老人という状況になってしまうのですが、周囲はそれにも何らかの意図があるとか、過去の人物への弔いだとか、様々な意味を持たせようとしているのが興味深いところでした。

傍目から見れば、全国から搾取した財力を自分の為に使い贅沢三昧以外の何者でもありません。武士の世の中を作り出しとしても庶民の生活が苦しくなるばかりで先が見えないのであれば、支持は広がらないばかりでなく下がる一方なのは今も昔も変わりません。次の登場した白拍子である仏御前と呼ばれる人に対してものめり込んでしまう清盛。暗闇の中にあるというナレーションでしたが、贅沢を追い求めているだけなのか、新たなる悩みを持っているのか、今いち分かりづらい局面となりました。

演出としては、没落する平氏VS立ち上がる源氏を大いに盛り上げたいのでしょう。今回はとことん、平氏の落ちぶれざまが描かれます。上記のように清盛の言動はもはや自分勝手であり、力で全てを押さえ込もうとする暴君になっていました。都では平氏の棟梁となった宗盛も、いざというときに決断することが出来ずあたふたし、普段は宴会をしまくるというていたらくぶり。もはや実戦能力は皆無でしょう。仲綱の馬の一件が決定打となって、平氏に仕える源氏は心が離れていきます。

それに対して、源氏は義経も頼朝もきりっとしていて、いかにも平氏を今すぐにでも倒してしまいそうな雰囲気を醸し出しています。特に神木隆之介さんが演じる義経は聡明かつ謙虚で最高の人物。もはや平氏が倒されるのは時間の問題といえます。かくまっていた藤原秀衡も期待を寄せます。京本政樹さんが登場するとどうしても雰囲気が仕事人的なものになり、アイシャドーなどがものすごく京本さんに似合っていて思わず引き寄せられてしまいます。これからも登場してくれることを願ってやみません。

これから源氏が挙兵することになるのですが、その挙兵が以仁王の命令によるものであったということが少し引っかかるところです。世の中はすでに武士が頂に立つ世の中であり、下手をすると昔のように再び王家の世の中に戻ってしまいかねません。いかにも悪者そうな八条院暲子がいる限り、以仁王も源氏も浮かばれないと思います。後世は既に周知の事実ではありますが、どのように変遷していったのか、それをしっかりと次回以降見届けたいと思います。

◆清盛紀行◆
岩手県平泉町
 - 金鶏山
 - 義経堂





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 上川隆也, 岡田将生, , 神木隆之介, 青木崇高, 花影アリス, 尾上紫, 木村多江,