今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



1年間視聴率や絵が悪いなどと言われて評判は低迷していたこの番組ですが、個人的には昨年の江と比較すると素晴らしい出来であったと思います。大河ドラマに対しては見る人の評価も厳しくみんなが合格点を与えることはないのが現状であり、こうあって欲しいという理想は人それぞれです。その中にあって自分は平清盛という人物がどのような人物なのか、それを把握し平氏という一門がどのように繁栄、そして滅亡へとつながっていったのかを知りたいという思いから1年間楽しんできました。

結果として、清盛自身を白河院の子供であり物の怪であるという設定には若干の違和感を感じながらも、その後に描く武士の世を作り上げるために多くの努力、そしてライバルの思いを胸に抱きながら突き進んでいった様をしっかりと脳裏に焼き付けることができたと思います。最後は、その志が途中になってしまいそれを頼朝に託して亡くなっていくのですが、この辺りの史実にはない「思い」を描くのはありだと感じます。この辺りを感じる事が出来るのが大河ドラマの醍醐味なのではないでしょうか。

清盛が亡くなって以降の描き方は少し残念な感じがします。清盛の遺言といいつつ西行が登場するのですが、そのほとんどは松山ケンイチさんがずっと語っていました。これでは亡くなったのではなくなってしまいます。最終回の多くの場面で利用されたこのシーンは、西行が淡々と語ってもよかったのではないかと思います。

先日同じNHKの歴史ヒストリアで平知盛について語られていました。彼は、清盛が亡き後も勇ましく戦い、一時は平氏に勢いをもたらすことになったとしています。勇壮に戦い平氏を率いた知盛も壇ノ浦で海の底に散っていきます。清盛の後にどのように平氏は滅亡に至ったのか、そして最後の戦いである壇ノ浦の戦いについては、軽い描写で終わっています。壇ノ浦の戦いを描くとなると、大変であり本筋とは異なるということだったのかもしれませんが、あっさりと終わってしまったのも残念でした。

最後に頼朝は、自分の世の中でしっかりと清盛の思いを継続させ武士の世を完成させることができたのでしょうか。その答えは歴史が教えてくれています。物語の中ではあまり多くを語っておらず、足利幕府の世で完成したと言っていましたが、清盛が礎を築いた武士の世は確実に身を結んだということであり、見る側としても報われたなあと感じます。

全体的には、上手くまとめられて清盛を描くことができた番組でした。時代自体が馴染み薄く視聴者の関心をえるには至らなかったのでしょうが、作品としては松山ケンイチさんも言っていたように、いい内容だったと思います。

来年は再び幕末の世、綾瀨はるかさんが主演を演じる八重の桜です。新島八重の一生を描いた作品で女性主人公は江の時以来となります。前回があまりいい印象でなかったので、次回は期待したいと思います。

◆清盛紀行◆
山口県下関市
 - 赤間神宮

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
(2012/11/21)
松山ケンイチ、玉木宏 他

商品詳細を見る
NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集
(2013/03/06)
松山ケンイチ、玉木宏 他

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 上川隆也, 岡田将生, , 藤木直人, 深田恭子, 松田翔太, 神木隆之介, 青木崇高,

今回は、完全に滋子デーとなりました。演出の観点から誰もが分かるほど露骨に滋子が初めから登場し、様々な場面で「私は平家と王家を結びつけるためになくてはならない必要な存在なのよ」オーラを出すと共に自らもそのようなことをおっしゃっており、自他共に滋子という存在がこの時代においてどんだけ大切だったのか明示的に示しています。言葉にして話してしまえば簡単ですが、そのような状況をあえて行動や雰囲気で示して欲しかったところではありますが、おそらく時間がなかったのでしょう。

それ故、滋子が亡くなったときのあっさり感はひっかかるものがあります。ここまで引っ張っておきながら最後の言葉もなく、後白河院の表情だけでその場面に突入してしまうのは、見る方としては少し状況を把握するまで時間がかかってしまい、その分感情を移入することもできなくなってしまったように思います。せめて遺言のなかで平家と王家がこれからも協力しながらいってほしい、みたいなことを言っておけばよかったのではないでしょうか。

一方、頼朝付近も急激に北条政子が頼朝に迫り、恋愛の一歩手前まで来ます。政子は一生懸命頼朝に叱咤するのですが応じようとしない頼朝。この二人はもう少しで心を通い合わせ、そして平氏に向かって立ち上がってくるのでしょう。その日が近いことを演出の中から感じ取ることができます。

このように、今回の内容はともに平氏の落日の日がもう少しでやってくるんだ、ということを暗に示すためのフラグとして機能する大切な回だったのでしょう。全く年齢的に変わることのない松山ケンイチですが、そろそろ50代も終わろうとしている時にどのように残り10回が進んでいくのか楽しみです。

◆清盛紀行◆
京都府京都市
 - 平野神社






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 上川隆也, 松田翔太, 深田恭子, 成海璃子, 岡田将生, , 吉沢悠, 加藤虎ノ介,