今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように





今回も引き続き頭こと、龍雲丸の一団との話しになります。前回の最後で家来にならないか酔っ払いながら打診するのですが、幼い頃に武家に対して辛い思いをしてきた龍雲丸にとってはもの凄く難しい決断を迫られたことでしょう。そんな中で発生したのが近藤康用からも本尊を盗まれたという申告でした。

近藤たちから見ると、盗人がいるのならその人の仕業ではないかと疑うのは仕方の無いこと。それでも直虎は龍雲丸たちがやってわけではないと信じ、彼らを逃がそうとします。その裏で同じように考えていたのが政次でした。政次は表向きはみんなから嫌われていたとしても、誰よりも井伊のことを思っている、それを実践した出来事でしたね。

そこまでして守ってくれた直虎に対して他の武将ではないなにかを感じた龍雲丸ではありましたが、結果として士官の道は選ばずに自由を取ることになります。ここ数回龍雲丸を中心に描かれていましたが、これによって直虎の人心掌握する魅力を伝えたかったのだと思います。歴史上の大きな出来事やはらはらドキドキ感というものは特にありませんでしたが、この数回が今後にいい影響をあえてくれるといいなと思います。

◆直虎紀行◆
愛知県新城市
 - 宇利城跡





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, 矢本悠馬, ムロツヨシ, 髙橋ひかる, 柳楽優弥, 橋本じゅん, 小林薫,



今回は、井伊と近藤康用の双方の領内での木々の盗難がメインになります。話だけを聞くと1回まるまるを潰す内容ではないのではないかと思えるのですが、わざわざ時間を費やした理由について考えて見たいと思います。
前回で直虎と政次の関係が建設的に前向きな感じになったことを契機にして今回そのことを見るための出来事だったのかと思っていたのですが、政次は初めは打ち首にしようと進言するも、働かせようという直虎の思いに従います。しかし、直之との話の中で近藤康用に身柄を引き渡すこととしたことで、前回までの直虎と政次の心の通いは今回はメインではないなと思いました。

そうなると、今回のポイントは柳楽優弥さん演じる旅の男の存在ということなるでしょう。柳楽優弥さんというビッグネームを登場させているのですから、それなりの関わり方を今後していくことになると思います。ある組織のお頭とよばれていることから、こういった人物と直虎が深く関わっていくことになるものとみられます。あるいは、方久と同じように重用される可能性もありますね。

次回はそのあたりは一端横に置いておかれ、直親の娘と名乗るものに振り回される状況になりそうです。どのような話の流れになるのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
山梨県甲府市
 - 東光寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, ムロツヨシ, 矢本悠馬, 尾上松也, 橋本じゅん, 髙橋ひかる, 柳楽優弥,