今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



今回は政治の世界の裏側の戦いについて描かれます。信長は甲斐からの戻り道の中で駿河や遠江を観光したいと言いだし、家康はその対応に追われます。しかしこれは後に信長の領内の見回りと状況確認であったことが分かるのですが、おそらくこの時家康を含めた家臣達はそのことに気がついている人はほとんど居なかったのではないでしょうか。

対面した家康に対して信長はしばらくじっとにらんだまま何のリアクションもありませんでした。このあたりは海老蔵さんの演技によるものなのかなとは思ったのですが、なにを考えているのか分からない不気味さは確実に醸し出せていたと思います。

そんな信長と家康の間で奔走したのが氏真でした。信長の前では思惑がありながらも相撲を見せて喜ばせたり、光秀との関係のなかで次回以降のキーマンになるそぶりをみせたり、大活躍でした。終盤にかけて桶狭間のかたきをとる気満々なのでしょう。

直虎は今回、家康に天下を取って戦のない平和な世の中を作るようお願いし、家康もそれに徐々に呼応するそぶりを見せ始めています。次回は本能寺の変がくると思いますが、その中で有名な逃走劇に井伊家がどのように関わっていくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県富士宮市
 - 富士山本宮浅間大社

静岡県浜松市
 - 浜松城公園

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [ 柴咲コウ ]
価格:13932円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大河ドラマ おんな城主 直虎 完全版 第弐集 DVD-BOX 全5枚
価格:23220円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 井之脇海, 菅田将暉, 阿部サダヲ, 市川海老蔵, 矢本悠馬, 光石研, 尾上松也,



前回から徐々に平穏を取り戻しつつあった井伊家の人々ですが、直虎の中には再興するというプレッシャーが恒につきまとっていました。家康からみると井伊の人々を見捨てたという後ろめたさはあるものの、ここは戦国の世。昨日の味方が今日の敵になってしまう状況下では仕方のないことなのかもしれません。

そんな中で、松下常慶の一言が直虎の気持ちを揺り動かします。それは、虎松を松下家の養子として迎えたいというもの。自分にできる償いというものを強調していた常慶ではありますが、結果としては松下の安泰を願っていたのではないかと思ってしまいます。

これに対して、直虎は悩みまくりますが南渓のアドバイスにより、とうとうその条件を受け入れることになります。これによって井伊家はバラバラになってしまいますが、いずれきっと再結集してくれるものと信じて次回を待ちたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県新城市
 - 鳳来寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 阿部サダヲ, 橋本じゅん, 柳楽優弥, 小林薫, 尾上松也, 和田正人, 髙橋ひかる,