今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように





序盤から登場したのは種子島に伝来した火縄銃でした。それが井伊家にもやってきて、直虎はその威力に驚き自分たちでこれをつくろうと画策します。いくら鋳物が盛んであっても、なんの設計図もない中で火縄銃を作るというのはさすがに難しいことだと思います。

試作段階で多くの人の命を失ってしまうことも十分に想像されますが、それでも鉄砲による戦術の変更は近い将来間違いなくやってくるとこの時感じたことでしょう。

その次の時代を担う虎松に今回はクローズアップされるのですが、絵に描いたような弱虫でした。この状況を描くということはその後、ものすごく成長するという裏返しなのですが、実際にもその通りとなります。

過保護的な母親役しのを演じる貫地谷しほりさんはつねに目がうるうるしていて、病的にやばそうな母親役を演じているのですが、それが見事にはまっている感じがします。この先彼女がどうなってしまうのか、むしろそっちの方が気になるところだったりします。

次回は、一瞬仲間だと思ってしまった政次が種子島を見つけて今川にちくるというつらい状況がまたやってきます。直虎たちがどのように切り抜けていくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県森町
 - 蓮華寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, 山本學, ムロツヨシ, 矢本悠馬, 柳楽優弥, 寺田心, 山口紗弥加,



寿桂尼の命令で駿府に申し開きに来るように言われる直虎。この時でさえ今川の権勢が及んでいたというのは本当に意外なのですが、それに従わざるをえないのは元康が三河での一揆を抑えるのに必死だったからということなのでしょう。ここ数回は阿部サダヲさんも登場せずに、未来の大河ドラマに関する話題ばかり出てしまうのは少し悲しい感じもします。

今回も嫌味のような振る舞いで後見役を譲るようにいう政次なのですが、身内から実はそれは直虎を守るために自分が全面に出ているのではないかという意見も登場します。確かに、直虎が駿府に向かうということになった時に、政次は直親の場面を想像し、おとわに同じようになって欲しくないという思いが伝わってきたことからも頷ける意見ではあります。いずれにせよ、そういった本心は最後まで見せることはしないだろうということなので、我々視聴者としては政次と直虎の関係は裏を読んでいかなくてはならなそうです。

道中では予想通り刺客がやってきて直虎を襲います。和尚様から言われたとおり後見を譲ると言い残した後、直之に入れ替わり寿桂尼と対面するというアクロバティックな行動に出るのですが、その際の政次の表情も見のがせないでしょう。寿桂尼からは厳しいコメントも出ますが、最終的に百姓達が学んだ文字を使って、直虎マンセーの書状が届き、最終的に寿桂尼だけでなく、直之もまた味方に付けることに成功します。

こうして困難も乗り越えていく姿というのが、今後も繰り返し行われていくのだろうなと感じる内容となりました。

■直虎紀行■
静岡県静岡市
 - 龍雲寺






ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, 山本學, ムロツヨシ, 浅丘ルリ子, 三浦春馬, 矢本悠馬, 寺田心,