今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



朝、気持ちよく起きて準備をすることができる人というのは本当に幸せなことだと思います。気持ちよく朝を迎えることによって、その日1日を元気に頑張れるような気がしてきます。それほど朝いかに眠いモードから復活することができるかが重要なポイントとなります。

自分は、朝起きてから家を出るまで30分程度の時間をほとんどぼーっとなった状態で忙しく準備をします。もっとしゃきっとすることができれば、子供と一緒に短い時間でも遊ぶことができるのではないかと思います。そこで、今回は調子よく朝を迎えることができる3つの方法について、メンタル・ジャーナリストの大美賀直子さんのアドバイスをもとに紹介したいと思います。


1.起きたらまずは、朝日を浴びる
脳で生成・分泌される「メラトニン」というホルモンによって眠気が訪れます。このメラトニンは、暗くなると分泌が始まるため、明かりを消すと眠くなり、逆に強い光を浴びると分泌が抑制されて眠気が治まります。つまり、しっかり目覚めるためには、強い朝日を浴びてメラトニンの分泌を抑えることが必要なのです。なので、朝目覚まし時計が鳴ったときに、カーテンをひけるようにしておくとおのずと眠気も吹っ飛ぶといいます。


2.あったかい飲み物を飲んで、体温をあげる
早寝早起きの人でも、起き抜けの時間帯は体の深部の体温はまだまだ低い状態であり、体温が下がったままの状態だと、体が活動モードに入らずだるさが抜けきれません。

そんな朝に冷たいものをとるのはやめましょう。温かい飲み物を体に入れて、体温をぐんと上昇させてあげることが大切です。特に、起き抜けの1杯としておすすめなのは白湯だといいます。インドの伝承医学 アーユルヴェーダでも起き抜けの白湯は胃腸の調子を整え、体内にたまった老廃物を排泄してくれるために有効であるとされているそうです。

ここで注意したいのが何を飲むかです。自分は今までコーヒーや紅茶を飲んでいたのですが、カフェインを起き抜けに飲むのは胃に負担となり、胃酸を過剰に分泌させることにもつながるので避けたほうがいいといいます。なので起き抜けではなく、食事中かもしくは食後に飲むことによって血圧を上昇させ、目覚めを促す作用をうまく利用することができます。


3.朝食は必ず食べるのだが、食べすぎない
夕食を食べてから朝食を食べるまでの時間は1日の中でもかなりの時間になります。当然ですが、体は多くの絵ベルギーを必要としているので、すぐにエネルギーに変わる糖分、例えばご飯やパンなどの主食、甘いものをしっかりとるようにします。

このとき心がけたいのは、冷たい食べ物は控え、少なくとも常温以上のものをとること。牛乳やヨーグルトなども、冷蔵庫から出してきたものをそのままとると体がすぐに冷え、体温の上昇を妨げてしまいます。


このように、日光を浴びて温かい飲み物を飲みながらしっかりと朝ご飯を食べることが、1日を元気に過ごすための大切な行動だったのです。早速明日から実戦してみたいと思います。

【参考】All About
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20040515A/

起床術---どうしても「スッキリ起きられない」あなたへ (河出文庫)起床術---どうしても「スッキリ起きられない」あなたへ (河出文庫)
(2010/04/02)
不明

商品詳細を見る




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 起床, 日光, 太陽, 朝食,

肌にシミができ、あまりにもひどいと皮膚ガンになってしまうと考えられてしまう紫外線なんですが、最近の研究では健康にむしろいいという考え方が出てきたそうです。国立国際医療センターの溝上哲也部長によると、東京などの大都市圏、東北や日本海側など日照量比較的少ない地域で、大腸ガンの死亡率が他よりも高い傾向があることを見つけたのです。

ガンのリスクを高める要因は一つに断定することはできないのですが、その中で有力視されているのがビタミンDの存在です。魚やキノコといった食品中にもあるのですが、UVBという紫外線が肌に当たるのをきっかけにし、体内で大量に作り出されます。このビタミンDがガンを抑える効果があるという考え方が広まっているのです。

福岡県の人を対象にした調査では、カルシウムとビタミンDを多くとり、かつ日光を多く浴びる人ほど体調ガンがかかりにくいというのです。ビタミンDは一般にカルシウムの吸収を高める役割が知られていますが、もしかしたらこれがガン細胞にも効くのかもしれません。

では、どのくらい浴びたらいいのかという話になりますが、夏なら2回から3回、昼間に5分から10分程度当たれば十分という指摘もあります。これからの季節、ビタミンDを多く摂取している人の血中ビタミンD濃度は、少なめの人よりも高い傾向にあります。魚の中でも特にビタミンDを多く含むサケや、それを入れた石狩鍋を食べて、心も体も温かくなってガンを撃退したいものですね。

【参考】be on Sunday 11月30日


がん予防に実は「日光浴」が有効なわけ――ビタミンDの驚きの効力 (講談社プラスアルファ新書)がん予防に実は「日光浴」が有効なわけ――ビタミンDの驚きの効力 (講談社プラスアルファ新書)
(2008/02/21)
平柳 要

商品詳細を見る



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 日光浴, 太陽, ビタミンD,