今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように





前回から徐々に平穏を取り戻しつつあった井伊家の人々ですが、直虎の中には再興するというプレッシャーが恒につきまとっていました。家康からみると井伊の人々を見捨てたという後ろめたさはあるものの、ここは戦国の世。昨日の味方が今日の敵になってしまう状況下では仕方のないことなのかもしれません。

そんな中で、松下常慶の一言が直虎の気持ちを揺り動かします。それは、虎松を松下家の養子として迎えたいというもの。自分にできる償いというものを強調していた常慶ではありますが、結果としては松下の安泰を願っていたのではないかと思ってしまいます。

これに対して、直虎は悩みまくりますが南渓のアドバイスにより、とうとうその条件を受け入れることになります。これによって井伊家はバラバラになってしまいますが、いずれきっと再結集してくれるものと信じて次回を待ちたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県新城市
 - 鳳来寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 阿部サダヲ, 橋本じゅん, 柳楽優弥, 小林薫, 尾上松也, 和田正人, 髙橋ひかる,



寿桂尼が亡くなる頃、世の中はいよいよ大きく動き出し、駿府にいる今川氏真も武田との絶縁が決定的になって戦になる前触れが忍び寄ってきます。その中で周囲の戦国大名の神経戦が始まっており、徳川も上杉と組むか武田と組むか振る舞いを迫られます。しかし時はすでに今川の戦力がほとんどないと見る向きが強く武田とともに遠江、駿河を攻めた方が得策という結論に至るのは至極当然のことでしょう。

そんな周囲の状況から、今川から徳川に乗り換えようとする井伊家の選択は誤ってはいないと思いますが、かなりリスキーであることは間違いないでしょう。表向きは今川家に忠誠を示す必要があることから、事が大きくなって今川が潰される手前まで、その態度を示すことができるかどうかがポイントであり、いかに余計な血を流さずに井伊家を守っていくかが問われる場面だといえます。

その中で、虎松もしっかりと物事を考えられるような言動も増えてきていて、さらに政次も前のような突き放した雰囲気ではなくしっかりと直虎の心に寄り添っているなと感じます。しかし、今後怒りに震える氏真が井伊に差し向ける魔の手によって、こうした関係がどうなっていくのか、楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県静岡市
 - 龍雲寺





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, ムロツヨシ, 尾上松也, 松平健, 浅丘ルリ子, 和田正人, 寺田心,