今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



今回は山川家の物語となりました。それにしても山川の家の方々の肩書きは本当に凄いものばかりであることが改めて分かります。浩は陸軍の重職についているし、健次郎は東京大学の教授をつとめていて五女の捨松もアメリカ留学から帰国し、陸軍中将の大山巌から求婚されるような存在になります。

今回はその話がトピックスなんですが、それにしても捨松は日本に帰ってきても英語を話し、洋風な服装をしているのですが、周囲から浮いているという考えはなかったのかと不思議になります。アメリカで生まれ育ったのであれば、日本という土地柄を知らないので、仕方がないのですが、11歳で日本を出たのであれば、ある程度は分かっているはず。

それでも、その華やかな雰囲気があったからこそ、大山巌も目が向いたという要素もあるのかもしれません。坂の上の雲で登場する大山は既に歳をとっていましたが、陸軍を立派に指揮している姿が目に焼き付いていて、そんな大物の妻となった捨松は、この時そんなことになるとは知らないというのが歴史の面白さなんだなと感じます。鹿鳴館の華という題名は、まさに捨松のことを指すようで、自分も初めて知りました。

次回は、新島襄の最期となりそうな雰囲気。八重のとってかけがえのない人であり、もう少しだけ登場していてもいいと思うのですが、その先のことも考えるとこの辺りが限界なのかもしれません。覚悟しながら自分も望みたいと思います。

◆八重の桜紀行◆
東京都千代田区
 - 九段坂公園

栃木県那須塩原市
 - 大山記念館





ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : オダギリジョー, 八重の桜, 綾瀬はるか, 新島八重, 生瀬勝久, 水原希子, 反町隆史, 玉山鉄二,

前回からもの凄いフラグを立てまくっていた西郷は、とうとう鹿児島で挙兵したとの知らせが京都にも流れます。この辺りの動きは様々な大河ドラマでも描かれていて、自分の中では周囲から突き動かされた結果どうしようもなくなって挙兵したという印象だったのですが、今回の描写を見てみるとそのあたりはぼやかされています。ただ、後に山川との話の中でもあったように、自分は全ての武士の思いをつれていくと語っています。そもそもこのような場面が実際にあったのかどうかその史実は怪しいものがありますが、トータルで考えると西郷の思いを端的に伝えることができる最高の場面だったのではないでしょうか。

さらに、西南戦争で注目すべきポイントは旧会津藩士の活躍でしょう。前日の山川、藤田五郎、そして佐川官兵衛とこれまでの薩摩に対する思いを官軍として正々堂々とぶつけた面々の最期の散り際は壮絶なものがありました。特に佐川に関しては、このドラマの中では特別扱いをしているようで、いつものように中村獅童が長い時間にわたって熱演をするところをただじっと写しています。

変わって前回大もめだった同志社英学校ですが、熊本バンドの皆様も前回とうってかわって積極的でびっくりしました。自分たちが学校を変えていくんだという気持ちを全面に出しながら、活気溢れるマンモスの授業中に乱入してきたのは女性陣3名。これが次回への布石となるのですが、女性も平等に同じ事をしたいという人たち。このような状況にどのように取り組んでいくのか凄く気になります。これから先はこれまでのように知識があって先が読めるような状況ではないので、1回1回がどうなるのか気にしながら純粋に楽しみたいと思います。

◆八重の桜紀行◆
熊本県南阿蘇村
 - 佐川官兵衛本陣址
 
鹿児島県鹿児島市
 - 西郷洞窟







ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 綾瀬はるか, オダギリジョー, 八重の桜, 吉川晃司, 玉山鉄二, 中村獅童, 降谷建志, 反町隆史,