今日よりも明日が ほんの少しだけ 楽しくなりますように



江戸城総攻撃の前日、吉之助に徳川家の存続を訴える天璋院の姿がありました。自分と慶喜の命と引き換えに徳川家の存続を求める悲痛な姿に吉之助は複雑な心境を見せますが、それでも完膚なきまでに徳川を潰す必要があるという自信の強い信念は変わることがありません。

前回山岡鉄舟によって、そのあたりの今内乱をしている場合ではないということを理解したのではないかと思われたのですが、今回天璋院との話ではそういった考えの変更はみられなかったようにみえます。

それよりも、吉之助の心を動かしたのは勝海舟でした。主張している内容は山岡鉄舟とそう変わりないのですが、それでも幕臣筆頭として江戸城を開城すると正式に申し出たことが大きかったのでしょう。途中刀が様々なシーンに登場したのはきっと緊迫した状況を演出するものであったと思いますが、遠藤憲一さんのおだやかな雰囲気によって、なんとなく落ち着いて見ていることができたように思えます。最後にしれっと上野に西郷の銅像を建てるといった発言もありどきりとしました。

結果的に、ここで無血開城が実現し、さらに慶喜と会って鳥羽伏見の戦いで逃亡した真の理由を聞くことができた吉之助は慶喜のことを許すことができたのではないでしょうか。これ以降彰義隊や戊辰戦争といった最後の戦いが始まりますが、それでも徳川家に直接責任が及ばなかったのもきっと、ここでの和解があったからなのかなと思いながら次回以降を楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・東京都墨田区
・東京都港区


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 西郷どん, 西郷吉之助, 鈴木亮平, 瑛太, 松田翔太, 笑福亭鶴瓶, 錦戸亮, 藤本隆宏, 北川景子, 南野陽子,

大体タイトルの内容は物語のなかで一番最後にもってこられますね。今回は吉之助が徐々に成長する姿を1話の中でみることができます。初めは、お殿様の考えることは自分には途方もない話しで自分には到底ついていけないといっていた吉之助ですが、最後の方になると斉彬の考えていたことを物の見事に当てて、さらに進言するところまで到達します。これをみた斉彬は吉之助が自分を越えたと考えて、あのような発言になったのでしょう。

この斉彬と吉之助が対等の立場となって対峙する場面は、先の骨休めとなった特別編でやっていたので、2人の間のこだわりが細部にわたるまであったのを念頭に見ることができました。そういう意味であの特別編の意味はすごくあったのではないかと思います。本人達がどのような思いでそれぞれの場面を描いているか、見る人が見れば分かる、というのではなく、しっかりと教えてもらえることが物語の楽しさを増す要素になるということが今回分かったような気がします。

さて、次回はその斉彬がこの世を去り、新しい時代の中を吉之助は自分の足で進んでいかなければならない状況になります。そんな時にどのような仲間を得て、協力して進めていくのか楽しみに見たいと思います。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 照國神社
 JR「鹿児島中央」からバス「天文館」下車 徒歩10分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 西郷どん, 西郷吉之助, 鈴木亮平, 渡辺謙, 北川景子, 松田翔太, 南野陽子, 又吉直樹, 泉ピン子, 瑛太,